telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

***

 画像 031 フルーツがとても美味しい、今年。

 画像 165ネクタリンも、チェリーもまだまだ盛んに販売されてはいるのですが、プルーン系がそろそろ出回ってきました。
 ミラベルの登場でもあります。(写真左から、レンヌクロード、プルーン、ミラベルです)


 我が家では・・・画像 199ネクタリンやアプリコット、スモモを楽しんでいます。
 BIOのお店が近いの、そこで購入をしたのですが、普通のマルシェで購入するよりも、甘さを感じるような・・・?!


 **********

 今年出会う人から、大きな影響を受けるだろう。
画像 209そんな言葉を、今年初めに聞きました。
 どんな出会いがあるのか?どんな言葉が聞こえるのか?と耳と心を澄ませて生活をしていたつもりです。

 
 半年以上を経過し、確かに今年の出会う人、事は、近年と少し違う気がしています。

 ここ数年、私の心の中で、燻っていたもの、それがなんとなく開放されたような気がしました。


        そう、一つの決心をしたのです。

  が、その件について、本当にそれで良いのか?と思ったり。

 画像 166



 最近、仕事場に居る、ブーランジェーのアレクサンダー。
 彼は、以前のパン屋で、8年程働いたそうですが、経営者がかわり、給料関係も以前とは全く違う状況になったので、そのパン屋を辞めて、MOISANに入社して、数ヶ月。
 以前のパン屋では、週休2日だし、現在の給料の2倍近くもらっていたそう。

 私に、何年MOISAN?と聞いていたので、5年目だよ、と言ったら、物凄く驚いた顔をして、

 何で?違う店に移らないのか?こんな環境よりももっといい場所が沢山あるよ、パリにはパン屋さん、沢山あるし。
   と。



 いろいろと行動に移してみたものの、結局、この地は、フランス。
       
       フランス人が一番良い環境を取って、その残りの部分を外国人が働く。
 
             そんな気がしています。

画像 210

 目先の楽しさと言うことよりも、今後10年後の輝き、
   それを目指さないといけない、10年前も同じことを考えていたハズである。
 
  惰性にまかせて、惰性に身を包まれて生活していてはいけないな。

                                    なんて・・・


 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

頑張れよっ。

 日本で会ったのが、数年前。
 
         ワーホリでパリに行きますよ~
 

 と、言う言葉通りに、昨年の年末、個人的には仕事が強烈に忙しかった時期に、パリ入りしたんですね。

 あれから、ちょうど、半年が経過し、今回の帰国。

  パリを切り上げることは決まっているのだから、それが早いのか(半年)?ギリギリ(1年間)なのか?
 
 というコトだけだと思うし、私は又、普通の生活(お茶しよ~とか、料理つくりに来て♪と言える人が居なくなるダケで)に戻るまでですが、やはり、アパートへの訪問の道を歩いているときには、しみじみ・・・とした気持ちになりました。

  アパートの中の確認作業を終えて、

     じゃ、もういいですよ、帰ってください。

  と、言われても、それをすることをわかっていても、なんとなく、じーっとその場所に立ちすくんでいたのが印象的でした。

  アパートを出て、なんとなく忘れ物があるらしい、

  と、言ったときに、

     あ、もう家の鍵がポケットに入っていなんですね、その必要が無いんだ。

               と言った言葉。

 
  あの人は、言っていたけど、
   君の技術はなかなかだそうですよ。
  他に知り合いのワーホリで来ている料理人を知っているそうですが、
  君の方が、料理の仕方も綺麗だし、技術も上だと思う、といっていました。

   もちろん、自身は程ほどにあると思いますが、
  これから先、あの目標に向けて進んでください。
   きっちりとしているので、その目標もきっと達成できると思います。

   2人でそちらに伺えるのか?わかりませんが(笑)、
   日本に帰国した際には、そちらの方へ行く機会があれば、
   是非とも、又会って、精神的にも、肉体的にも(←それは無いかな?料理の世界は常にハードですからね)大きくなって、
   お会いしたいものです。
   画像 008


    月並みですが、元気で。
      又、時々メールをくださいね。
    (出来れば面倒な作業的なモノは避けてください^^;)

    あの人からの最後の一言は、
     あ~又一人、帰っちゃったな・・だったヨ。


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

少しダケ思うこと

 ソルドが開始されております。画像 036ここの靴を今回一足調達したいな・・・と思うのは、毎回ソルドの時。
 でも微妙に・・・足にピッタリ♪と言うものに出会わないので、なんとなくいつも見送ってしまうのです。

 他、カンペールの靴も覗いてみたものの、人込みで・・・。
 近くにロンシャンがあったので、覗いてみると・・・画像 038このカバンは、ソルド除外品でした^^;

 今回は、ソルド眺めるダケで・・・パリジャンの購買意欲を横目に・・・・

 画像 046ミュロのマカロン。
 13区の場所に、ミュロのマカロンとショコラのお店を発見。
 (ケーキの販売はありません)画像 047

 ふと、最近、パリに住んでいる日本人を見ると、

 なぜ?パリに住んでいるんですか?

   と、聞きたくなります。
 

 出来るだけ長く住みたい・・・と言っている人を見ると、

  自分がパリに来た当時のことを思い出します。
 (なんせ永住するつもりで来ましたから)画像 0508年目の今は・・・・。

 やはり、昔、観光でパリを訪れていた際の帰国の飛行機の中で思ったことを同じ。

 画像 049
画像 048

 この国は”住む国”ではなく”観光で訪れる国”(お金を落とす場所)ではないか?と。画像 051

 30代で、独身で、サラリーマンは・・・生活するには、本当に大変です。
 皆、どうして生活をしているのか?(お金の遣り繰り)疑問ですヨ。 画像 052ローランのお店の御菓子です。
    ローランシェフ、コソコソと良く働いていました。

  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

少し疲れ気味です^^;

 仕事は・・・・・P1060352.jpg順調に行っております。

 毎回、同じ作業。P1060353.jpg殆ど、同じ。
 仕事内容をみていると、曜日まで分かる・・・・という量と仕事内容です。

 
 5月1日は、メーデーですね。P1060354.jpgお仕事されている方、お疲れ様です~

 主婦業も充分、立派な仕事だと思いますヨ。

 

 通常の仕事をしてから、家に帰ってP1060355.jpg主婦業をされている方・・・・・・・・
 本当にお疲れ様~と思います。

 
 幸せに見える人でも、実は心の中、奥底では、悩みを抱えているカモしれない・・・・。
 表面上ではそんな様子を見せていなくとも・・・・。P1060356.jpg
   なんて最近思いました。

 何も考えていない、のほほ~んとした私でも・・・・・。P1060357.jpg実は、結構、相当・・・最近ストレスを抱えております。
 いつも楽しそうで、周りに美味しいものが寄って来て・・・幸せそうだね^^
 と言われますが、それは表面上ダケのことであり・・・・・・・・・・。


 あと、1年、がんばれるのか?P1060358.jpg

 いや、がんばるしかないだろう・・・1年後に結果が出ない場合には・・・・・・
 
 縁がなかった・・・ということにしよう・・・と思っています。
  (なんのこっちゃ??でも、わかる方にはお分かりかな?とも^^;;;)


 先日、言われた一言。

 もっと、楽に生きたらどうですか?肩に力入り過ぎですヨ。

  これでも、結構、力まずに、人生なんとかなるわぁ~と生きている・・・と思っていたのですが、他人には、そんな風に見えるのかな?と。

  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

問い合わせの件

パリに住みたくて、パリジェンヌのように生活をしてみたくてやってきました。

 単なる語学留学では、勉強嫌いで、語学センスの無い、私では、”遊学”になり、何も得ることなく、お金だけを使って帰国するだろう・・・という考えを両親に指摘され、では、まあ、身になる(か?)お菓子作りの学校に通うことにしたのです。

 そう、パリに住みたいがためのこじつけで、昔から好きだったお菓子作りの世界に足を踏み入れたのです。

 パリに住んで目にしたもの、手にしたもの、出会ったものはすべて目新しく、新鮮な出会いが多かったかな?と。
 が、同じように、悲しい気持ちになることもあり、一人涙することもありました。


 数年経過し、運よく労働ビザも取れて、一度立ち止まった時に、パリ生活って?と質問された場合には、

 魔物の住む街P1060120.jpgそんな風に答えていたかな?と。

 夢を持ってきても、それを食いつぶされて(お金も)、泣く泣く帰って行く姿も何度か見ました。
 私は、その魔物に食べられた物もあるか?とは思うのですが、それでも、時には、ある点では、魔物と仲良くしてみたり、意地悪をされても、プン!と余所を向いて、知らない振りをしたり・・・して、うまく魔物の意地悪を乗り越えてここまで来たかな?と。P1040406.jpg

 パリに住みたくて、いえ、フランスで生活をしたくてこちらに来る、ということは、まず、外国人である、ということで、ハンデがあります。
 働くにも住むにも、ビザが必要ですからね。
 そして言葉の壁、文化・習慣の違い。

 P1060291_20090422133849.jpg
 日本でパンや、お菓子の世界を知らずに、こちらで雇われる・・・・というのは、実に難しいと思います。
 私は一応、ディプロムがありますが、これでも、”取得している”というダケのことであり、実践で仕事ができない場合には、雇用されません。
 加え、言葉も、コミニュケーションができないと、それは結構厳しい壁になるか?と。

 ただでさえ、日本人は、マジメにコツコツと働く・・・という過去の日本人の先輩の美しい姿が残っているので、良いように使われる・・・・という傾向があります。
 NONと言えない日本人、労働時間も長く、賃金はあまりくれない・・・という結果も多いかな?と。
 きちんと自己主張ができないと、こちらでは大変な目に遭うことになります。

 P1060292_20090422134002.jpg
 もしも逆の立場の場合、
 日本で、自分が経営者であった場合に、語学も出来ずに、技術も、ままならない人を、お金を出してまで、労働ビザを取得してあげますか?
 お店に雇い入れますか?

 P1060282.jpg
 私がパリに来た当時よりも、明らかに日本人のパリ在住率は高くなっています。
 有名なお店なら、必ず日本人が働いている、小さなお店でも、日本人の姿を見ます。

 そんな中で、”魅力ある自分”を表現できるでしょうか?
 
 いえ、”自分”を見てもらいたい・・・と思う前で門前払いも多いのです。P1060293_20090422134003.jpg

 ノワールで働いている人も多いパリ。
  うまく物事が運ぶ人もいるカモしれませんが、そこまで辿りつくまでは、
 その人の努力、思考錯誤などがあってのことだと思います。

 
 と、最近、いろいろな人に逢って思いました。
  良い結果を持っている人は、それなりに、過去(現在)で、努力している人が多いな。

 今回は、メールで問い合わせられた件について、回答させていただきました。

 P1010884.jpgこの内容は、”現在の私”が、考えている、答えです。

 
  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

Top|Next »

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。