telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若きシェフ・クイジニエ・

 昨年、15区にお店を開いたという若き26歳のシェフ・クイジニエ・(料理人)のレストランへ行ってみました。
 夜は予約をしないと入れないとか、お昼も2人ぐらいであれば、予約なしでも可能だが、4名ぐらいになると、予約を入れた方がいい!!と聞き、辺鄙な住宅街にあるお店なのに!すごい店かもしれない??と思っていました。
 ちなみに、今回は2名での訪問でしたが、予約をいれていきました。
 今回のお客様入りは少し余裕のある感じで、お店の雰囲気は、入口入るとすぐに少し高いテーブル席とカウンター、ここではタパスを楽しめるそうです。
 サービス関係の女性はテキパキとして、心地のいいサービスをしてくれます。

 バスク地方出身の若いシェフをキッチンの中で拝見し(かなりハンサム~♪)テーブル席に案内していただきました。
 メニューをもらい、検討するのですが、はじめ少し分かりにくいのです。
 その後理解し、前菜・メイン・デザートで約26ユーロというものを注文です。
 (とりあえず、前菜とメイン料理を注文で、お腹に余裕があれば、デザート!と考えていました)
 ワインは、ボルドーのピッシェを注文です。

 メニュー左側には、南西料理、世界の香辛料を使った料理、2人で分け合う料理がそれぞれ、前菜、メイン、デザートと書かれていて、その中から、自分好みの前菜、メイン、デザートと選択するのです。 
 それ以外に、本日のメイン料理(今回は、サーモンのグリルと付け合わせがムール貝、ホロホロ鳥と付け合わせに白アスパラというものでした)

 さて、散々悩んで決めた前菜、今回ご一緒したwakabaさんと同じものでした。かぼちゃのスープ
これはカボチャのスープで、中央には、サーモンとホタテ貝、そしてキノアが混ぜてあるものです。
 塩加減もとってもよく、実に満足な一品。

 その間、近くで食べている人のものを拝見。
 ブーダン・ノワールが、ミル・フィーユの感じで、登場していて、それ、美味しそうです。(次回ここに行ったら、それを食べるぞ!!と思っている私)
 メイン料理でwakabaさんは、鯛で、アーティショー(野アザミ)のピュレのものを。わかばさんの前菜
ピモン・レスプレットも入った少し(本当に少しだけ)辛いもの。
 これ、とってもおいしい料理でした。
 私は、南西料理の中から、豚肉料理を注文です。私の前菜
豚肉と野菜の煮込み。
 これは・・・普通の味、本日のパンタード(ホロホロ鳥)か?サーモンのムール貝添えを注文した方が面白かったかな??と思ったり。
 味付けはおいしいのですけどね。
 
 お腹の具合を見ると、八分目と思い、デザートも注文しました。
 wakabaさんは、本日のお勧めデザートで、白いチョコのムースにキュウイソースのもの。わかばさんのデザート
これが!!!!中に、バチバチとはじける、昔流行った??粒のお菓子が入っていて、口の中、バチバチ!!!(線香花火じゃないか・・・)

 私は、ライチ入りのソルベで、バラ味のゼリーが散らしてあるものを注文です。私のデザート
これ!!すごい美味しかったです。
 結構、こってり、バッチリ!と食べていたので、デザートは軽いこんな感じがよかったから?かもしれません。

 若きシェフは、新しいフランス料理を考えてサービスしている感じ、でも、自分の生れ故郷の味も一応選択できる、というとっても素敵なレストランでした。

 又行きたい!!と思うレストランです。
  
   

⇒応援クリックをお願いします♪人気ブログランキングへ

 いつものようにお店の住所などは続きを読むに記載しています。  Afaria
 15 rue Desnouettes 75015
 TEL 0148 56 15 36


ちなみに、ここで食べる場合、
 前菜とメイン、もしくは、メインとデザートという感じでお腹の具合がちょうどいいと思います。

 今回私は食べ過ぎた!!
                 と思いました。

 ちなみに、記憶が正しければ、以前この近くに私は住んでいて、散策の途中に見たお店は、フィンランド料理屋さんでした。
 そこそこにお客様が入り、いつの日か?食べてみたいカモ?と思っていたのですが、今回このお店になっていました。
スポンサーサイト

« 勝手に自分にご褒美|Top|こだわりのコーヒー豆&豆知識 »

コメント

HiSaPaiNさんへ

 こんにちは、お元気にお過ごしですか?
 日本は、もうすぐ、きれいな桜が見れるでしょうね!

 今回のデザートはそんな春を感じるデザートでした。

 こちらはまだ少し寒く雨も多い日々です。
 今日は晴天ですけどね!

onze-quatorze さんへ

 フィンランド=IKEAの私です。(違うかな??)
 私もまだバスクにはいったことがなく、でもバスクのイメージは、生ハムのみなんですよ・・。

 でもこのバスク地方の一か所に行きたい場所があるので、今年必ず行こう!と思っています。

kuishinboonさんへ

 幸せのレシピ、観たいなぁ~と思っていました。

 今回のデザート、とっても春らしく、そして味わいもおいしかったです。

 ちなみに、サービスの女性が、kuishinboonさんになんとなく似ていて、親近感が沸いていました。
 (私だけ、こっそりなんですけどね・・・)

シオンさんへ

 そうです、この間、行こう!と言っていたレストランです。
 キノアの歯ごたえ、あまりしなかったのですが、塩加減などはとっても良かったです。
 このレストランでもいいのですが、もう一軒気になるお店があるので、今度是非ご一緒しましょう。

お久しぶりです!

ご無沙汰してました!日本はすこしあったかくなってきました!

とってもおいしそ~!!
デザート、春らしくてきれいですね♪^^
26歳でシェフ、すごいです。おいしいレストランで食べたいです~

NoTitle

バスク地方って一度行ってみたい場所です~
チョコレートも有名でしたよね?
カボチャのスープも、豚肉のもどれもこれも美味しそうですよ☆

そういえば、東京にもたしかフィンランド大使館近くに
フィンランド料理屋があって美味しいなんて話を
聞いたことがあります。
やっぱりトナカイ料理なんでしょうかね??
わたしも食べてみたいなぁ~♪

NoTitle

昨日ね、「幸せのレシピ」ってゆう映画で
フランス料理をたくさん見たところです☆
こちらの記事で、昨日の映画を思い出しました♪
フランス映画のハリウッドリメイク版で、
ハリウッド版はお料理シーンがたくさん出てきて
すごくおいしそうで、面白かったですよ~♪
一番最後のデザート、
春っぽくていいですね^^

おいしそ~!

この前、行こうとしていたレストランですよね?
美味しそう!
キノア入りのスープ、良いですね~。
実は最近、家でキノアに凝っているのです。
今度、一緒に行ってくださいな~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。