telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルナヴァレ博物館

 2回目の訪問です。P1030508_20080807012035.jpg
只今少し工事中のようでした。

 一度ではすべてをみるのは、不可能で、今回もまだ、みていない場所がありましたが、退散してしまいました。P1030512.jpg


 ”フランス革命にまつわる絵画や、ナポレオンや、マリーアントワネットの遺品など充実”P1030511.jpg
こちらは2階に上がってすぐに見える絵です。

 と、言われるほど、その充実は素晴らしいものです。P1030515.jpg
昔教科書でみたような絵がそのまま目の前で間近に観られるのは感動です。

 P1030516.jpgお客様の待つ場所でしょうか?
 P1030519.jpgハープの置かれた、ミニ音楽室?という感じです。

 タペストリーでできた絵。P1030521.jpg何気なく、暗い場所に飾ってあるので、見過ごしてしまいそうですが、じっくり見ると素晴らしいものです。


 こんなかわいい物もあるんです。P1030528.jpg大きい眼鏡や、大きなはさみなども飾ってありました。


 きれいに整えられた中庭です。P1030514.jpg

 又行かないと・・・みたものを忘れないうちに。
 どうしても同じ個所を何度も見て、疲れて帰ってきてしまいます。


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

 *休館日は、旅行雑誌などで、見てください。
  無料で、フラッシュ無しの撮影が可能です。
スポンサーサイト

« ユダヤ人街散策。|Top|ヴィクトル・ユーゴーの生家 »

コメント

norinoren【相方】さん

 この空間は【相方】さんにはたまらない場所ですよねぇ~

 車だけではなく、建物の模型もあり、こんなお部屋が欲しい!と思う空間でした。

 いやーしかし、おめでとうございます^^

最後から2枚目の電車!(バスか?!)可愛いですよね、
ココには小さい街並の模型もありましたよね、
もうねぇボクは釘付けでしたよ!

chihoさんへ

 海行きたいー
 泳ぎたいー

 という熱い太陽を感じるそちらの場所でした。。

matchanさんへ

 やはり君は料理人なんだね。

 そのテリーヌ型は、ルクルーゼじゃなかった?^^

Keiさんへ

 それは貴重な情報を。
 近いうちに、再度訪問し、聞いてみたいと思っています。

 分かればここでご報告しますので。

おおお~、この中庭の生垣が素敵ですね。昔はこんな風に絵画が飾られていたんだって判るような博物館ですね。灼熱のプーリアより、chiho

カルナヴァレ博物館ってそんなに広いんだね。
知らなかった。この間神戸のルーブル美術館展に行ってきましたけど調度品ばかりで・・・
イマイチだったかな。
でもその中のひとつで黄色のテリーヌ入れがあってそれに目が釘付けでした。

カルナバレ館

初めまして。^^昨年秋、初めてパリを散策しこのカルナバレ館へも足を伸ばしました。少し道にまよいましたが来て良かったと感動しました。日本で読んだ本に、ここへマリーアントワネットの遺髪が保存されていると書いてあったのですが探すことが出来ませんでした。・・本当に保管されているのかご存知ですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。