telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・レガラードへ

 久し振りに、ラ・レガラードへ。
 予約確認電話をいれたら、私の名前を名乗る前に、○○さんですか?と聞かれてしまいました。(汗)

 注文は・・・もうご存じですよね?デザートまで決めてから、声を掛けてください。
 と言われ、通常のメニューと本日のお勧めのものをじっくり眺め、決めました★

 で、ワクワクとやってきたこのセット♪P1030058.jpg

 今回ご一緒した方は、前回これを食べて、日本に帰ってから数回作ったそうで、その結果、再度、これをじっくりとみて味わって・・・としたい!P1030062.jpgという気持ちが、この店に行きたいのですが!というメールで良く分かっていました。
 そのとおりに、このブツをよくよく眺め、研究、
 あーそうかーこーか?あーか!といろいろと。^^

 いつものように大切りで、さて食べよう!とこの瞬間!!!P1030059.jpg

 申し訳ありませんが・・・できれば、お席の方を、こちらから、あちらに変更していただけませんか?
 よろしければでいいのですが・・・私の勘違いで、こちらのお席に通してしまったのですが。。。

   と。

 あ、別にかまいませんよ。と席を移動したら!グラスワインのサービスを受けてしまいました。
 (ラッキー★)

 ご一緒された方の選んだ前菜はコレでした。P1030061_20080906143244.jpg子牛のテリーヌで、鶏とカモのフォアグラ入り。
 一口頂きましたが、大変美味しかったです。
 前菜の前のパテとは全く別モノの美味しさです♪

 私は、こんな状態のお皿がまず登場。P1030060_20080906143216.jpg

 その後、カボチャのスープを注いでくれるのです。P1030063.jpg
 パルメザンや、ベーコン、栗などが入り、歯ごたえ、も感じる、塩加減も素晴らしく良い塩梅で。

 メイン料理は、2人で注文をする、(プラス14ユーロ)アニョーを注文してみました。
 焼き方は、ロゼで。P1030065.jpgこれが・・・素晴らしい!
 絶句。言葉がないのです、本当に。

 デザートは、こんな感じで。P1030066_20080906143312.jpg

 私はルバーブとフロマージュ・ブランのものP1030067_20080906143328.jpg相手の方は、クリームのポットの上にフランボワーズのもの。
 今回は、アイス関係が一切メニューになく、少し残念。

 正直、ミニのマドレーヌも入る隙間もないぐらいに今回はお腹いっぱいでして。P1030069.jpg

 やっぱりこの、ラ・レガラードは、おいしいレストランです。
 サービスの方も、ヴァカンス明けだからか?素晴らしい笑顔と接客でした。

 今回は、空席が、2席。でも賑わっているレストランです、こんなに辺鄙な場所にあるのに。


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

              続きを読むで、今回のメニュー表をデジしてありますので、ご参考に。
 今回、通常の32ユーロコースの方のメニューをデジしてきました。

 前回行った際とあまりメニューが変わっていない感じがしたのですが。

 P1030056_20080906143543.jpg

 こちらはデザートの方です。
 P1030057.jpg

 このほか、右のページには、追加料金で食べられるものがあるのですが、
 前菜では、ジロールとセップのソテーや、フォアグラのソテー、
 メイン料理では、ピジョン(これ、かなりのボリューム)そして今回のアニョーなど、他、2点ぐらいあった記憶です。
 他、本日のお魚料理は、ブルターニュ産で、追加料金のものもアリですので。

 wakabaさん楽しんできてね~^^v
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。