telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロダン美術館へ。

 久し振りにロダン美術館へ。P1030089_20080907211247.jpgバラがとてもきれいでした。

 ロダンと言えば、”考える人”の彫刻です。P1030091_20080907211303.jpg日本の上野の森美術館で昔みた記憶で、初めてこの彫刻を見たときには、本物の大きさに驚きました。

 こちらは地獄の門P1030097.jpg”考える人”の姿もこの門の上にあります。
 どちらか?というと、こちらの門の方が、素晴らしいものではないか?と思うのですが。
 観光客の数は、こちらの門の前の方が多かったですし、皆、パーツの部分のじっくりとみている様子でした。

 彫刻家といえば、デッサン力が素晴らしい♪P1030102_20080907211432.jpgという勝手な考えがあるのですが、ロダンの絵も素晴らしかったです。

 美術館の中の2階の階段を上ってすぐに眼に入る、タペストリーP1030107_20080907211333.jpgものすごく大きく、写真一枚に入りきらない。。


 窓の外の葉は紅葉が始まっています。P1030109_20080907211408.jpgマロニエの実も落ちて、弾けていますし。

 躍動感のある彫刻。P1030103_20080907211445.jpgスイッチが入ると動きだしそうです。

 久し振りに会ったね、おじさん。P1030114_20080907211347.jpgゴッホの絵。
 この絵がいきなり、この美術館にあったのには驚きました。
 他、モネの絵とルノアールの絵も、1点づつ今回はありました。

 バラが本当に咲き乱れている感じで。P1030118.jpg雨上がりの訪問だったので、しっとりとした庭でした。


 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。