telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のマルシェ

 マルシェ散策へ。
 すっかり食材も夏~秋(初冬?)という感じになりつつあります。P1030250_20080914181612.jpg魚屋では、オマールエビを売る姿を拝見。
 オマールと言えば、ノエルの時に盛んに出回るのですが、もう?すでに?今は何月?と一瞬考えてしまいました。
 が、Rの付く月ということで、魚介類が美味しい季節になっているのです。

 こうして、生ガキの販売も元気に開始!P1030258.jpgサイズごとに、殻付き販売ですが、言うと、殻を取ってくれることもあります。

 レバノン料理のお店の前で。P1030251_20080914181636.jpg何か詰めものをして、丸い鉄板のようなところで焼いて熱々販売です。
 他、レバノンの惣菜も少しだけ販売されています。


 こちらは、ハムの加工品を置くお店で撮ったもの。P1030259.jpg自家製ピザで、やはり中央部分が人気なのか?^^

 トマトも長細いタイプが登場で。。。P1030275_20080914191853.jpg寒くなってきているので、煮込みに使うのか?と思いつつ。


 そして、秋と思うキノコ類の始まりです。P1030271.jpgこちらはジロール。
 先日、ラ・レガラードで付け合わせで食べたのですが、おいしかったな。
 
 こちらはセップです。P1030277.jpg日本のマツタケ?という感じに販売です。
 バターと塩でソテーして食べるだけで十分美味しいです。


 スーパーではワイン祭りが開始されており、ブドウもマルシェで賑わいを見せています。P1030274_20080914191710.jpg葡萄は皮ごと、種も食べてしまうフランス人。


 このお店はパンケーキや、クレープ、焼き菓子を置くお店なのですが、最近、バージョンアップしたのか?P1030268_20080914191516.jpgこんな冷蔵ものもありました。

 店先では、P1030267.jpgクレープの焼き上がりを待つ子供。
 ヌテラのクレープを購入し、笑顔の男の子でした。

 臓物系専門のお店。P1030286.jpg豚の耳、鼻、手なども販売。 
 他、牛、子牛などの臓物ダケを扱うお店で、かなりグロテスクでもあります。

 マルシェで買い物!と言えば、こう・・・買わないつもりでも食べたくなるもの。P1030287.jpg煮込んでんでいる匂い、目から入る香ばしい感じがたまりません。

 おいしそーだねぇ~P1030288.jpg良い黄金色だ^^v




 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。