telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若きシェフの頑張るビストロへ

最近、15区が熱い気がします。
 気になるレストラン(ビストロ)が多く、今回は、どこに行こうか?と悩む日々。
 その中でも、このお店は、きっと美味しいだろう・・・と思っていて、やっと行くことができました。

 私が良く行くクレープ屋さんの近くにある一件のお店。P1030568.jpg店内です。

 12時よりも早く着いたのですが、寒かったので、お店の中で待たせてもらいました。

 まかないを食べている社員たちでしたが、私たちも、手持ち不沙汰では?とこんなものを持ってきてくれたのです。P1030567.jpgアボガトのソースを絡めて頂きます。

 パンは、プージョランのパン。P1030572_20081017140410.jpgMOISANよりも、プージョランの方が、やはり、ビストロ&レストランには人気なのかなぁ~と思いながら食べたのですが、やはり、味わいは深いものです。

 今回は、お昼のメニュー、前菜とメイン料理で20ユーロというもの。
 前菜は、書いてある中から選べるのですが、メイン料理は、本日の一品、と決まっているそうで、選択することはできません。
 が、お昼でも、もちろん単品で、注文が可能です。
 (お魚料理が多い気がしました)

  今回ご一緒された方の前菜はこちら。P1030569_20081017140421.jpgサーモンと牡蠣のタルタル仕立てです。
 一口頂いたのですが、海の塩味と、さわやかな、柑橘系の味わいで、実においしかったです。

 私は、秋の季節の・・・・キノコのソテーを。P1030570_20081017140432.jpg鶏のジュを煮詰めたソースで絡めてあるのです。
 いや~実においしい前菜でした★

 このお店のシェフは、大変若く、そして、ハンサム、近所の奥様(?おばさま?)方にも大変人気で、
 
 我が息子の料理を食べに来たのよ!

 と笑顔で訪れるお客様も多かったです。

 で、今回のメイン料理は、こちら。P1030573.jpgアッシ・パルマンチエ。
 牛のお肉をほぐしたものの上にマッシュポテトをのせて、その上にパン粉をのせて焼いてあります。
 かなりのボリュームで、アップアップでしたが、なかなか美味しい料理でした。

 このお店には、又、何度か?通いたいものです。

  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

le Cristal de Sel
13 rue de Mademoiselle 75015 Paris 
Tel : 01 42 50 35 29

定休日 : 日・月
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。