telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続)ルーブル美術館

 ルーブル美術館のフランス絵画の場所に来たからには、絶対に観ておかないといけない絵が。P1030878.jpg”ナポレオン1世の戴冠式”
 この迫力はすごいです。
 中央の部分だけ。P1030879.jpgこんな感じで。御后さん、きれいです^^

 そしてこちらの絵も。P1030883.jpg”群衆を引き入る自由の女神”

 さて、本格的に、私の行きたかった場所へ移動することへ。
 が、迷い、さまよい、人は多くなってくるし・・・と、館内の人に聞き、私が今まで楽しんでいた場所とは違う館だった!ことが判明。

 又、入口付近に戻り、違う建物の方へ。

 そこは・・・・・・彫刻が多い空間で、そこを横切って、階段で・・・・。

 ナポレオン3世のお部屋へ到着★P1030888.jpg

 豪華絢爛な感じ。P1030891.jpgシャンデリアがまぶしく、落ちてきそうです。

 こちらは、食卓~P1030894.jpgと言っても宴会の~ですね。 
 (毎晩宴会だったのかな?)

 こちらは、待合室。P1030889.jpg赤いので、落ち付かない感じなんですが。(個人的に)

 こちらが、ナポレオン3世P1030892.jpgナポレオン1世とは、血が繋がっていないんですが。。。

 こちらは、宴会場へ行くまでの待合室。P1030895.jpg
 
 こちらは、お后様。。P1030897.jpg綺麗ですねぇ~
 
 最後に使われた食器の一部です。P1030899.jpg


 少し分かりにくい場所にありますが、ルーブル美術館に行かれた際には、ぜひ♪♪



 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。