telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルザス料理のお店へ

 今年は、アルザスに行けなくなったので、気分だけでも、アルザスへ♪とこのレストランへ入ることにしました。P1040503.jpgシャンゼリゼ通りのレストランは、どこもいっぱいのお客様。

 アペリティフには?と聞かれ、思わず、キールロワイヤルを注文です。P1040492.jpg

 お皿からして、アルザスに居る気分♪P1040494.jpg

 ワインは、こちら。P1040495.jpg赤を注文には、ワケアリです。

 メニューを見ていて、ご一緒された方が、牡蠣を食べたい!ということで注文しました。P1040496.jpgNO.1のつもりでしたが、なんだか、小さい感じがして。。

 私はウニが食べたく、でも、おいしいのか?と1個注文からOKだったので、とりあえず1個注文で味を見ることに。P1040497.jpgこれが、甘くって、実においしかったです。

 ご一緒された方は、とにかく肉が食べたい!とP1040498.jpg450グラムのステーキを。
 これが!実に味わいのあるお肉で、結果、私は150グラムほど頂いてしまいました。

 私は手長エビを。P1040499.jpgグリルされているものだ!と思ったのですが、蒸したもので出てきました。
 本当は、シュークルトとか食べたかったのですが。。。(魚介類のものもあり、大変興味あったのですが)

 デザートは、レモンのソルベに、お酒のかかったもの。P1040501.jpg軽く、酔っ払い状態に。。

 でも、この後、更に!!素敵な景色をたのしみました。



 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。