telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事は、一段落。

 忙しかった最近、パン部門の方に足を踏み入れるのは、私が帰宅する前の、隣のカフェにヴィエノワズリーを納品しに行った際にもらえるコーヒーを・・・というぐらいでした。

 が、本日は、忙しい週末であるハズですが、時間が・・・かなり出来て、少し遊びに様子を伺いに・・・・P1040896.jpgパンの成型をしていましたヨ。(当然ですけどね)

 こんな風に手際よく~あっという間に・・・P1040894.jpg

 そして、写真にも写らないほどのスピードで、パンの上に、線を入れていく・・・・P1040895.jpg
 なんだか、邪魔したくって・・・P1040898.jpg豚の鼻みたい^^;;
 オイ!やめろよ!!と言われて、退散することに。

 え???まだこんなに!!成型があるんですか???P1040897.jpg恐ろしい・・・・。

 焼きを担当している男性は、まだ、焼き初めの段階で、こんなに大きなパンから、焼き、出していきます。P1040899.jpg出した後には、パンに、ポンポン^^と触って、焼きの確認をしたりして・・・・。

 その後は、こんな台にのせて、販売のある地上へ、貨物エレベーターで運びます。P1040900.jpg写真右のタオルは??なんだろ?汗よう??^^;;

 私たちの冷蔵庫もだいぶ落ち着きました。P1040901.jpgと、言っても、まだまだ、ガレットの山は残っていますが。
 タルトよりも、ガレットが売れる最近。

 
 ガレットの焼きは、1台のエッシェル分ぐらいで落ち着いている私の仕事。P1040902.jpgその後、様子をみて、必要そうであれば、ジュリアンが、残りを焼く・・・という仕組みです。

 クロワッサン♪P1040903.jpg

 ブリオッシュ系も、順調な発酵具合です。P1040905.jpg


 いやーあの過酷な時期を終えたら・・・この週末の量でも・・・余裕だぜ!
 と思えてしまう今日。P1040904.jpg

 来年こそは!!
  ガレットの時期は、違う場所で・・・・
 と、言いながら・・・きっと来年の今頃も・・・・こんな記事を書いているに違いない(大汗)。

 やっとお休みです~

    オツカレ、自分。。。

 
  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。