telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけは、乾燥トマトでした。

 マルシェで、何を食べるのか?と考えておりました。
 メインは肉にするのか?魚にするのか?
   前菜は何にするのか?うーん、生牡蠣もいいねぇ~フォアグラの試食もあるぞ!
 なーんてね。
 (試食だけで、前菜になっちゃいそうなぐらいに、いろいろなお店で、試食が楽しめました・・・・)

 そんな中で、と、あるお店の、乾燥トマトが美味しそうだねぇ~なーんてみていたら、おじ様が、試食にくださり、おいしいので、購入。
 で、それから、本日のメニューつくりです。
 ご本人様の頭の中では、じわり、じわり~と出来あがっているようで、アレとコレと・・・と購入。P1050114.jpgエシャロットが、なんだか、堂々と大きなお皿に居座っておりました。

 ナスが焼き上がり。P1050116.jpg鎮座いたしました。

 続いて、豚肉が、こんがりとローストされて、P1050118.jpgナスの上に。
 美味しそうだねぇ~見るからに、おいしいぞ!とわかりそうな焼き具合でした。

 インゲン豆が、軽く、茹で、そして、ソテーされました。P1050119.jpg良い感じです。

 最後に、肉汁と白ワイン(しかなかったらしい)で、アルコールを飛ばし、そこに乾燥トマトが入ったのです。P1050120.jpgそれを、こう、うまくのせて、その上に、こんがりとソテーしたエシャロットを。

 お肉の焼き加減もとっても良く~P1050122.jpgウマウマウマ・・と食べておりました。

 何が違うって、やっぱり、手際いいですね~
 こう、洗い場に、汚いものが残っていない、調理中に、汚れたら、すぐに拭いて、いつも綺麗な状況で、調理する。

 いやー素晴らしいです。
P1050123.jpgごちそうさまでした^^
  MOISANのパンも美味しかったねぇ~^^


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。