telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンとお菓子のイベント。

P1050724.jpg週明けに、パン屋さん、お菓子屋さん向けのイベントへ行ってきました。
 (パトロンからの招待券をいただきました)
 ここでは、コンクールも開かれており、現在、学生の人たちの、競技が行われていました。


 主に、機械や、お店を経営する際に必要なもの(掃除道具から、お菓子を包むもの、お店のウインドーを賑わすものなどなど)の展示、相談、販売などが行われているので、私のような普通の社員が行っても・・・という感じではあるのですが、どんな機械が最新なのか?パンの味見などもあるので、それをみに行ってきました。
 こちらは石釜風のオーヴン。P1050715.jpg

 ジェラートを売る機械。P1050712.jpg
 こちらは、コルドン・ブルー・パリ校で、お菓子を作る際に(オペラ)利用したなぁ~P1050713.jpgコーヒーの濃厚なエッセンス?(と、言う言い方で良いのか?)

 こちらは、パンの粉の味わいを試せる場所でした。P1050721.jpg

 パニエ(パンを入れる箱)P1050722.jpgMOISANの物は、取扱いが悪いのか?最近ガタガタな物が多く、新しいのに、しようよ~と思いつつも、壊れにくい、最新のパンケースなども販売されていて、若干興味アリでした。(私は販売員ではないですが)

 自動的に絞りの先を変えて、絞りだしてくれる機械。P1050716.jpg

 マカロンも、この通り~♪P1050717.jpgこの機械は、なかなか良さそうな感じ。

 他、タルトレットの生地を、型に押し入れる機械などもあったのですが、その場合は、生地(2キロとか)を入れたら、そのまま型抜きをしてくれ、型に入れてくれるのであれば、便利だと思うのですが、今回見た機械は、型抜きは自分でしないといけなく、ただ、型入れする際に、少しダケ、手間が省けますよ~と言ったもの。
 その場合は・・・・・機械の設定をしている間に、自分の手で、型入れをした方が早い気がする・・・・とその機械を見つめていた私です^^;

 こんな道具を(材料など)を使って、こんなお菓子ができますよ~P1050719.jpgと、言うサンプルのお菓子。
 こちらは・・・意外に芸が細かいかな?と。P1050720.jpg

 パック(復活祭)が近くなってきたので、チョコレート関係が結構賑わっておりました。P1050718.jpgまだまだ、若い職人さん。

 ヌガチーヌを土台につくった、マカロンの塔。P1050727.jpgヌガチーヌつくりが苦手な私には、この作品、素晴らしいなぁ~と眺めておりました。

 毎年、このイベントには行っているのですが、今回は、出展も少なく・・・あれ?という感じ。
 MOISANの粉会社の出展もありませんでしたし。

 イベント会場の方に話しを聞くと、今回は、その後、リヨンでも、パリの北の方でも、この様なイベントがあるそうで、皆、どこのイベントに出展するか?と迷い、今回、このイベントの出展は少なかったそう。

 後日、現MOISANのパトロンから仕事の件で電話があった際に、今回のイベントの規模の縮小の話をしたら、来年は、大きくするらしいよ、とのこと。

 不景気で・・・・こういうイベント出展も、皆吟味して・・・いるのですね。


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。