telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の近くのパン屋さん♪

 ”ボンジュールパリのパン屋さん”
 の本は、パリのパン好きの方は、必ず持っているのではないでしょうか?

 私も、パリで暮らす際、いや、観光で遊びに来る時に購入し、本格的に、この本に載っているパン屋さんに行ったのは、こちらに住み、コルドン・ブルーパリ校の生徒の時に、時間があったので、この中に紹介されているパン屋さんを巡りました。

 その中で、Frederic Pichardのパン屋さんも、行き、私が2番目に住んだ家の大家さんも、このパンが好き♪ということ。
 このお店は、パティスリーにも力が入っています。P1050735.jpg今回は平日だったので、あまり・・・お菓子の充実度はありませんでしたが。

P1050736.jpgダックワーズのお菓子も美味しそうでした。

 こちらは、タルト系。P1050737.jpgクレープの販売もあります♪
 シューケットは散歩の途中に、丁度良い。

 ルバーブは・・・まだ、マルシェで見ないのですが、P1050738.jpgこのお店では、タルトになっていました。


 このバゲットが人気。P1050739.jpg今回の同行者も、このバゲットの姿を見ただけで、
 皮が、パリパリ、中、もっちり・・・タイプではないですか?
 とのこと。

  まさに!そんな感じなんです。

 今回は、クロワッサンを購入。P1050740.jpg皮が、パリパリ、中、しっとり・・・噛めば噛むほどバターの風味が口の中から、鼻を通り抜けていきます。

 他、この辺にある、1件のパン屋さん。
 MOFのパン職人が居るお店で、コルドン・ブルーパリ校の、まかないの時には、このバゲットを食べていた・・・というお店。
 ケーキを購入してみました♪P1050729.jpgこのお店は、店舗拡大し、14区にあるお店では、パティスリーの充実があるそうです。(確か、MOFのお菓子職人が居ると思います)

 今回は、ミル・フィーユを。P1050730.jpg

 MOISANでは、長いパイ生地でミル・フィーユを作り、その後カットして販売しているのですが、このお店では、カットしたものに、クリームを絞って作っている・・・・という見た目。
 ですので、若干、2つの高さが違います。

 パイ生地が若干、しっとり気味?とは思ったのですが、クリームはとっても美味しかったです。
 (ムースリンヌだと思いますが、ものすごく軽かったです)






 全く今回の記事に関係ないのですが・・・・・^^;
  最近食べたもの。(家ごはん)
 
 春雨のきんぴらごぼう仕立てと、酢味噌和え。P1050732.jpg最近、白飯が美味しいなぁ~と。。。
 ご飯生活な私です。





 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。