telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンジャン♪

 と、ある日に、MOISANのサンジャンというパンが家にやってきました♪
 こちら。P1050808.jpg

 切ると・・・・P1050810.jpgこんな感じ。
 P1050811.jpg皮がパリパリで、中身の部分は、もっちもちーというパンで、母も大好きなパンです。
 (以前パリに来た際に味わったあのパンですよ、母^^)

 ゆっくりと熟成させたこのパンは、パリジャンにも、お子様にも大変人気のパンです。

 このパンは、結構大きいので、個人的に味わう機会は少ないのですが(なんせ、一人ですから)今回は、私の家でごはんを食べる・・・と、言うことで、このパンを味わうことにしました。

 このサンジャンのパンは日本のMOISAN(千葉そごう、か?大阪の心斎橋そごう、で味わえますので是非♪)


 と、言っても、軽めに^^;;

 家にジャガイモとニンジンがあったので、日本のようなポテトサラダを作ってみました。P1050807.jpgハムが賞味期限ギリギリだったので、無理やり食べさせたということは秘密
 この場合、キュウリを入れるとあまり美味しくないので、今回は、ズッキーニに塩をして、入れたのです。
 この方が歯ごたえもあり、美味しいかな?と。
 が・・・フランスのジャガイモは・・・この手のサラダにはあまり向いていないなぁ~と思ったり。
 いや、私の家にあったジャガイモの品種に問題があったのかな?とも。
 (今度ミッシェルに聞いてみようかな?と思ったり)

 赤いトマトのハッシュとビーフもあったので(日本に帰国した際に買ってあったもの)・・・・P1050812.jpg本来は、牛の薄切り肉で作るのですが、家には、ワラジハンバーグがあったので(牛のミンチのワラジのようなハンバーグ)、これで代用しました。
 簡単で、パンとの相性も良かったです。

 そして・・・今年初のフランス産のイチゴを楽しみました。P1050809.jpgこれを購入する際には、キロが20ユーロ近く、お店のおじさんは、本当にコレを買うの?と何度も聞いてきたのですが、エスパニョール産(スペイン産)よりも、ジューシーでやはり美味しかったです。
 フランスのイチゴは甘いダケではなく、酸味もあるのが特徴かな?とも。

 最近は、外食ではなく、家でゆったりとご飯を食べています。



 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。