telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りに、ラ・レガラードへ

P1060148.jpgどのくらい前に訪問したのか?記憶にない程・・・ご無沙汰していた、ラ・レガラード。
 
 家で、MOISANのバゲットにパテをつけて食べていて、美味しいなぁ~と言ったその時の私の家の訪問者に、もっと美味しいパテを味わえるレストランがあるんだヨ、と言ったら、そこに行きたい♪と、言うことで急に予約を入れました。
 (と、言っても2週間前に)

 12時過ぎに行ったのですが、お客様の姿はあまりなく・・・・・P1060149.jpg遠くにシェフの姿が見えます。そしてバーに居る人も、その後テーブルに付いて食事を開始していました。
 (バーでアペロを楽しんで・・・・という感じでした)

 メニュー表とワインリストを持ってこられて、加えて本日のシェフのお勧めを口頭で・・・・・^^;
 が、後の黒板に本日のお勧めが書かれているんですけどね~

 散々悩んだ挙句に、注文し、やってきた、美味しいパテ♪P1060150.jpgなんだか少ないような・・・・・(私がバクバク食べることを知っていて、あえてこの残りのようなパテを運んできたのか?)
P1060152.jpg大きな口をあけていただきました。
 プージョランのパンとこのパテ、最高です♪
 ピクルスの方も結構酸味が強くP1060151.jpg好みの味なんです。

 プージョランのパン。P1060153.jpg程良い酸味と、噛むと甘みの出てくる粉の味。
 流石、多くのレストランで使用されているだけあるなぁ~と思う美味しいパンです。

 前菜は、おいしそうなものが沢山あったものの、このお店のフォアグラのポワレを食べておかないとなぁ~とそれを前菜として注文しました。P1060155.jpgここで数回食べてはいるのですが、今回の登場の仕方は初めてです。
 通常は、洋ナシやイチジクの甘く漬けてある感じ(ソテーかな?)が一緒なのですが、今回は、ビーツとリンゴでヴィネグレットで味付けされていて、脂っぽいフォアグラが、重くなく食べられる・・・・・というもの。
 コイツは本当に美味しかったのですが、ここで結構満腹ですヨ。^^;

 今回ご一緒した方のメイン料理は、こちら。P1060156.jpg牛肉の頬肉を赤ワインでじっくりと煮たもので、とろけるような野菜と一緒に・・・・という歌い文句のメニューだった気が・・・・・・・^^;
 本当にトロ~としたお肉で野菜も美味しいんです。

  が!!!
  フォアグラの後なので、結構重い。。。。。。。。

  と、言う想像をしていたので、私は・・・・・安全圏を狙って。。。。
P1060157.jpgブルターニュ産の銀のタイを。
 こちらは新鮮な感じがする(刺身で食べたい感じ)の魚でした。

 本来であると、ここで、ストップ!カフェS.V.P.!!という感じですが、こちらは前菜からデザートまで注文しないといけないので(それで32ユーロですので^^;)デザートが登場です。

 私は・・・軽めに・・・とパイナップルのラザニア仕立てで、自家製ソルベ添え。P1060158.jpgご一緒した方は、チョコのクネル・・・・・・・^^;重そう。。。

 このレストランはいつ来ても、おいしいなぁ~と思えます。

  smallさん~♪一応レポでした^^





 この日は・・・お誕生日の人とこのレストランへ行ったのです。
  レストランに行く前に朝食代わりに・・・・P1060147.jpg私の手作りショートケーキを食べたんだな・・・・確か^^;;

 おめでとー♪ 
  私と同じ歳だな。--;




 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。