telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCEUXの駅付近。

 ソーの駅から降りて少し歩き、商店街の一角に入りました。
 この辺は、どんなパン屋さんで、どんな?パンを仕上げているのかな?と興味があり、探していると・・・・・ブルー?というのか?グリーン?というのか?見覚えのある色とデザインのお店の看板が目に飛び込んできました。P1060215.jpgパトリック・ロジェでした。

 散策をしていたときには、まだお店が開店していなかったので、公園の中をさまよい歩き、その後、再びお店の方まで戻ってきて、店内に入りました。P1060249.jpg個人的には、パトリック・ゴジェは現代的なショコラのお店・・・と思っています。

 パック(復活祭)用のチョコで賑わっている店内。P1060250.jpg

 箱入りはお値段も良いのでP1060251.jpg1粒、3ユーロ!とかなんですヨ、今回は、袋に入れて購入することにしました。

 7粒ぐらい購入し、3・6ユーロ?ぐらいだった記憶。
 ライム味とか、バジリック味、コショウ味などなど・・・本当はヴァニラ味を購入したハズが、どの粒だったのか?わからずに食べ終えてしまったのは、秘密。
 と、言うのか、店員さん、本当にヴァニラ味の物を入れてくれたのか?疑問でした^^;

 少しの買い物しかしなかったのに、こんなチョコのプレゼントを♪P1060253.jpgマジパン入りのチョコでした。

 他、この商店街では、MOFの惣菜屋さんなどもあり、MOFが多い商店街?なーんて思ったり。
 その中で、パン屋さんのケーキがとっても美しかったのです。P1060218.jpg3個一緒になっている、イスパハン♪

 店内で、写真をバシバシ・・・とは撮れず、店員さんも優しい(パリではありえない!という感じ)だったのですが、写真は遠慮しました。

 結果、美味しそうなケーキ、目移りをしてしまい・・・・4個も購入。
 ピスタッシュのグリオット入りのマカロン♪P1060256.jpgこれ、おいしかったなー。

 イチゴのミル・フィーユP1060257.jpgパイ生地がサクサク♪クリームは生クリームでした。

 フォレノワールP1060258.jpgこれが・・・なかなか美しく、そして美味しかったです。

 レモンのクリームと、パイナップルの入ったダックワーズの生地のもの。P1060259.jpgこれも、なかなか。。。

 どれも大変丁寧な仕事振りで、美味しかったので、又この公園に行った際には、違うものを購入して味わってみたいなーと。
 (こんなケーキを作りたいなーとも思ったり)

 一応お店の名前とアドレス関係です。P1060255.jpg

 ソーの街の中は、お花に溢れている・・・・・・・P1060254.jpg住みたいなぁ~なーんて物件を見てはいたのですが・・・・
  まあ、現在の家で、いいか?(引っ越し面倒だし


 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。