telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理人が自宅にやってきた④

 すでに4回目の我が家に料理人の登場。
 いつものごとく、マイ・包丁を2本持参で今回もやってきてくれました♪

 前日、私は、ステーキを食べたので、今回は、お魚料理をお願いしました。

 この日は、家の近くでマルシェが開催されていないので、常設の魚屋や、野菜屋でいろいろと物色&購入。
 BAR(スズキ)がお買い得でしたし、新鮮そうだったので、これでお願いをしたのです。P1060596.jpgウロコを取ってもらうようにお願いをしたものの、背中(?)のところは結構残っていて、それを綺麗に取り除き、3枚におろしていました。

 ・・・以下、ご本人様のお仕事(調理)の邪魔になるようなので、調理中に、横をウロウロ、や、デジカメは避けました・・・

 気が付けば・・・・P1060597.jpgすでにこんな状態になっておりました^^;すばらしい。

 私は洗い物に徹していたので、振り向くと・・・こんな感じに。P1060598.jpg綺麗なイメージ、買い物の時に出来ているんですねぇ~^^

 最後の飾りをして、P1060600.jpgなんだか、宝石のような料理が出来上がりました。
 前日、同じフライパンで、別のモノを調理し、食べたのですが、同じフライパンから、こんなにも違うものが出来上がるとは・・想像できませんヨ。
 流石ですなぁ~料理人!!

 たっぷりとサラダにP1060601.jpg野生のアスパラも。

 その後は、たんまりとチーズを味わいました。
 (レブロッションが食べ頃だ!とか、トムのスモーク味は、まあ、一度味わえば、それで良いかな?とか、ブリ最高!とか、私はモルビエとブルビが好みです、他、ブリヤ・サバランなども・・・・)
 そして、チビ(と呼んでいるミニの濃厚ヨーグルトのようなもの)を食べ、〆には、サクラ餅(冷凍で、近くのアジア食材屋さんで購入)を食べてお開きでした。

 私の家には、レンジも、蒸し器も、バーミックスも無いのに、よく、頑張って調理してくれますね。
   ありがとう、次回もよろしく☆



 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。