telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りに・・・

P1060604.jpgこのビストロへ行ってきました。

 12時と同時ぐらいに訪問をしたのですが、これから始まる戦場(昼食のサービス)の前に、知り合いと笑いながら話しているシェフは、私にまで、冗談を言ってきました。

 着席し、(2名での訪問の際には、いつも、キッチンの側の席)メニューをじっくりと拝見。
 その横で、
  本日は、こんなオマールが入っておりますヨ。

 と、声をかけられました。

 やっと注文し、料理が出てくるまでの時間、お口を楽しませてくれるコレ。P1060602.jpgいつもは、陶器のミニポットのような入れ物で登場でしたが、こんなイワシ缶?のような登場の仕方でした。
 ヨーグルトベースかな?食べやすく、パンにのせて、パクパクといただきました。
 パンは・・・・もちろんP1060603.jpgプージョランです。

 今回は、前菜はパスし、いきなりメイン料理へ。
 (その際に、サービスの男性に、スープも、ソシソンも、何も前菜はいらないの?と聞かれたのですが、単品のメイン料理を注文したので、結構なボリュームと思いました)
 私のメイン料理用のお皿の登場です。P1060605.jpg

 その横で、大きなココット鍋が到着~♪P1060606.jpg

 ご一緒された方は、BAR(スズキ)を注文。P1060607.jpgこの野菜と、ジャガイモのピュレは2人用です。

 私は、オマールエビを注文しました。P1060608.jpg身が、プリプリしているものの、食べ難いですねぇ~^^;;

 お皿に取り分けてくださり、P1060610.jpg美味しくいただきました。


 その後、デザートを。P1060611.jpg私はティラミス♪
 ご一緒された方は、今が旬!(の始まり?)サクランボのポワレ。

 両サイドのテーブルには、ギモーヴ付きだったのですが、私たちには・・・羊のプリンのような上にソルベがのったものが登場しました。P1060612.jpg気持ち、デザートは、ソルベ系が実に口の中、お腹に落ち着く気がします。

 このビストロ、自分が食べているモノよりも、隣が食べている料理の方が、いつも美味しそうに見えます。

 次回訪問の際には、リ・オ・レをデザートで是非とも食べてみたい。。。
  
         こっそり)
         個人的には、ラミジャンよりも、ラ・レガラードの方が好みです。


   応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。