telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理人が自宅にやってきた⑤

 時々食べたくなる、家の斜め前のパン屋さんのショッソン・オ・ポム。

 パン屋さんを覗いても、購入率は実に少ない・・・モノなのですが、家の斜め前のパン屋さんのコレが一度食べてから、このお店のコレが、病みつきになってしまいました。P1060639.jpgパイ生地の中のコンポートは手作り感たっぷり。
 珍しく?シナモンの香りもしたりして。。。
  パイ生地もおいしいのですが、表面の模様も丁寧に入っているのが愛情を感じます。


 と、言う朝ご飯?を終えて、待ち合わせへ。
 すでに5回目になる、料理人の訪問調理です♪

 いつもの場所で、いつもの野菜屋さんで、付け合わせを物色。
 その後、自宅に来てもらい、調理を開始!なのですが、まずは、今回のメイン料理用のお肉を見てもらいました。

 コレコレ・・・・P1060640.jpgコレを見た時に、今回の料理人の顔が頭に浮かび、是非とも調理してもらいたいなーと思っていたのです。


 手際よく、ジャガイモの皮をむき、今日もフリット?と思ったのですが、切る形が違うなーと眺めておりました。P1060641.jpg一度目の素揚げ状態です。


 こんな感じで、段取り良く、進んだのですが、少し休憩。P1060642.jpg

 もう一人の参加者を待ち、顔を見てから、お肉の焼きから、最後の仕上げを開始でした。

           そして、テーブルを囲むことに。

 そういえば、こんな手作りのリエットも。。。P1060644.jpgお店で購入するものとは違う、体に優しい感じで、パクパクと胃に入ってしまう、リエットです。
 
 料理の方は・・・・P1060643.jpg本当は、シブレットが欲しかったのですが。。。
 あの人(3人目の参加者)にシブレットをお願いしてみたものの、
  なんですか?シ・・・・?しらなーい・・・と言われ、説明が面倒なので(理解してくれるか?微妙だったので)今回は、諦めました。
 まあ、料理をあまりやらない人は、この手の香草類の名前は、分からないですね。。
  と、言う私も、料理を始める前はどれが?どれだか?わかりませんでした。
 (料理を始めてすぐの頃も、わからなかった・・・な。。と)

 料理の味は、もちろん♪美味でしたヨ。


 その後は、チーズを味わい(各自、好きなチーズを味わい^^)その後はデザートを。P1060645.jpgなんだか・・・ソファーみたいだな・・・と言っていたのですが、フロマージュ・ブランとマスカルポーネのムースです。
 こちらも、なかなか美味しかったなーと。

 今回、お肉が結構美味しかったのですが、肉の調達(とケーキも)は、ピカーという冷凍食品専門店で購入。
 ケーキは若干冷凍ケーキ感がありましたが(でも食べるのには全く問題ない)、お肉の方は・・・料理人も驚くほどの鮮度でした。

 今度は、オマールでもお願いしますかね?^^
  あ、私の手作り稲荷寿司会か?^^; 
  (おはぎも付けてね^^)
 

  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。