telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントワープへ

 昨日は、あんなに食べたのに、翌朝になるとお腹が減っているのが不思議です^^;
 数回、ブリュッセルに来ているものの、いつも、お腹に余裕がなく、入ったことがなかった、サロンドテに朝入ってみることにしました。P1060758.jpgこんなケーキやP1060759.jpgこんなケーキP1060760.jpgこんな感じのものが、朝から私を誘っておりました。

 一応、ベンキョーのために、クロワッサンを注文。P1060761.jpgでも、パフパフな感じで、いまいち・・・でした。

 一緒に朝から、バターケーキのモカを。。。P1060762.jpgこちらはメチャクチャ好みの味わいでしたヨ。

 その後は、電車に40分程揺られて、アントワープへ。P1060764.jpg
 ブリュッセルと雰囲気が似ていて、もっとミニの町にした感じ。P1060763.jpgが、初め、アントワープに到着し、ビックリしたのは、表記がほぼ、オランダ語であったこと。
 何が書かれているのか????という状況だったのですが、フランス語を話せる人が殆どで、行動には一切問題ありませんでした。

 と、言うわけで、無事到着・・・ということで。P1060769.jpgどこを?どう歩くのか?と検討し・・・・

 目的地が見つからないまま、迷った先で、こんなモノを食べておりました。P1060771.jpg

 いや~フランダースの犬の銅像を探していたのですが、わからず、その代わりに、この辺が牛乳市場跡P1060773.jpgでは?ということで。
 (その後、フランダースの銅像を見れなかったのですが、なんだか、プラスチックのところに書かれたモノを発見しました)
 
 この付近は、世界遺産の教会があり、P1060770.jpgもちろん、その中へ。P1060774.jpgルーベンスという画家の傑作が沢山あるのですが、私はその、ルーベンスという画家を知りませんでした。P1060779.jpgどれもすばらしい大作でした。
 P1060777.jpgこちらの絵が一番有名だそうで”キリスト昇架”という絵だそうです。
 教会の中は大変綺麗でした。P1060778.jpg
 パリの世界遺産の教会、といえば、ノートルダム寺院ですが、あちらは、やはり、毎日相当な観光客なので、いつも、ザワザワ・・・とした感じですが、こちらは、静で、神様の声が聞こえそうな、厳かな場所でした。P1060780.jpg


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。