telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラスブール②

 お土産屋さんを歩くときには、やはり一人が一番♪P1060884.jpgかなり自分の世界に入ってしまう、私なので。
 到着した日にある程度、自分用(80%!)両親と友達用(20%)という感じで、見ていたのですが、同じモノでもお店によって値段が随分と違い驚きでした。
 鍋敷きでも、鍋掴みにでもなりそうなモノが、と、あるお店では、2個セットで2・9ユーロ、他の店では、3・5ユーロ最高に高いお店では4・2ユーロ!という場所もありました。

 今回は、美味しいクグロフを買ってきてね♪と言われておりP1060883.jpg冗談で、こんなチョコでごまかすか?と思ったり^^;

 地図には強いハズの私ですが、今回、地図も持たずになんとなく歩き・・・迷って、プチットフランスの一角には無事に出てきました。P1060885.jpg(滞在が、この辺の近くのホテルだったので^^;)
 軽く散策(&お土産の下見)だったハズが、約2時間近くさまようことに・・・)

 でもそんな、散策があったので、品数の多いビールを飲めるお店を発見、晩ご飯はそのお店へ。
 メニューに数多くのビール(ドイツビール、アルザスビール、ベルギービール他世界のビール)があり、どれにするのか?と指指しで注文したのが、ドイツの白ビールでした。P1060887.jpg飲みやすかったです。

 つまみ?というのか?ビールのアテは・・・P1060888.jpgタルト・フランベのシンプルなモノ。
 (パリパリの皮でクリームが薄く塗ってあり、ベーコンが散らしてあるモノ)

 イベリコハムのミニの盛り合わせP1060889.jpgと注文したのですが、こんな感じで、チーズまで一緒に登場です。(コレで6ユーロの安さ!で驚きでした)

 アルザス風サラダも注文。P1060890.jpg白いのが、酢キャベツ?と思って食べたら、チーズで驚きました。
 (でもコレも大変美味しかったんです)

 これで十分お腹いっぱいに。
 その後デザートでアイスを注文したら・・・P1060891.jpgもう少し芸のある登場の仕方であれば嬉しかったのですが・・・・
 ヴァニラとチョコとチョコミントのアイスで生クリームがたっぷり。

 アルザスの料理を少しダケ_?楽しんだ夜でした。


 翌日は・・・私の以前からの希望の場所であったこちらへ。P1060893.jpg行ってきました~♪



 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。