telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーアントワネット展へ

 気になっていた、マリーアントワネット展(6月30日まで、グラン・パレで行われています)に行ってきました。

 入口のポピーが綺麗です。ポピー


 確か?10時開館のハズなのに、私は10時前に行き、すでに!!!
 年齢層がかなり高い男女の黒山でした。
  人気あるんですね~マリー・アントワネット。

 館内は、写真撮影が禁止でした。
 でも、階段で、下に降りるところでは・・・壁紙1
すごい!壁紙です。
  なんだか、こういうところ、おしゃれですね。

 他・・・・微妙に。絵1
フラッシュ無しで撮ってしまいました。
 追加でこんなものも。?


 とにかく、絵画の素晴らしいこと!

 こちらは、購入したポストカードからです。マリーアントワネット1
綺麗な微笑み。
 マリーアントワネット2
この絵の迫力は、すごかった!!!
 マリーアントワネット3
ドレスが・・・素敵なんですね・・・・。

 他、家具、調度品、などもあり、優雅な音楽がなっていたりして・・・・

 それは、貴族の生活空間でした。
 (自分まで、貴族になった感じ、が、最後のギロチンまでの牢獄時代、それは、こんな優雅な生活を送っていると、当然か?と思ってしまいました)

   ここを後にする時に、はっ!!と現実に戻されたのです。

 それは、コレ。マリーアントワネットでのラデュレ
へへへ・・・現実のラデュレ。

 又、良い場所にお店を(仮店舗で、荷台のような感じ)ですが、買ってしまいましたよ!
4個マカロン
レモン、塩・キャラメル、カシスとスミレ味、ヴァニラです。
 久し振りに美味しかった!
 個人的には、ヴァニラが久しぶりにおいしいなぁ~と思いました。
 カシスとスミレもなかなかです。
   が、一番は、レモンかも。

 ・・・最後は、やはり、食い気に走ってしました・・・とほほ。


応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

« BIOマルシェへ。|Top|新緑の季節 »

コメント

ルーママさんへ

 私の中のマリーアントワネットは、ベルバラの世界なので、今回、あらためて拝見し、その魅力を知りました。
 目の色、そしてドレスの素晴らしさに圧倒されてしまいました。

 メール、確認しています。

 が、いろいろ迷うことが多く・・・・へへ。
 少し考えてお返事させていただきますね。

マリーアントワネット、可愛くて頭良い人というイメージです。
キルスティン主演の映画がもう一歩!でしたが、国民に頭下げるシーンは好きです。
そして数々のドレスや装飾品には溜め息…
実物見てみたいなぁ!!
そしてマカロン…沢山積んで毎日楽しみたいです。
美味しそう… 。


後メールします。

keroさんへ

 これは、6月30日までの開催なので、ぜひ~♪

 メールを確認しました。
 で、その後、そちらのブログにお邪魔をし・・・・へへ。

 すみません、明日お返事させていただきます。

Brigitte さんへ

 ドレスはもちろんのこと、椅子も素敵な生地で、これに座っていいのでしょうか?と思ってみていました。(もちろん見学だけですけどね)
 今でも十分通用する配色、本当にうっとり!の貴族な時間でしたよ。
 (その後、しばらく現実に戻れなかった・・・・・・いえ、家に帰ると、戻りましたけどね。。。)

 このマカロン、家に帰るまでに、食べてしまっていました・・・はは。

onze-quatorzeさんへ

 日本ではどうでしょうかね??
 もしも開催されたら、入るまでに、2時間!とかだったりして・・・(こわ~)

 ラデュレ、同じ味覚だったのですね・・・・
 いや~久し振りに美味しかったです。

 あ、例の件、パン屋さんには昨日メールをし、確認してありますので。
 又詳しく(明日)メールします。

おららさんへ

 朝一の奥様方の勢いはすごかったです。
 (絵画、彫刻などに、張り付いてみていて、私が入る隙間もない!感じでした)
 マリーアントワネットは、本当に気品のあるお顔をされていて、又眼の色のきれいなにもみとれていました。

kuishinboonさんへ

 この展覧会の中で、フランス人の奥様が、お一人、
 ちっ!贅沢な生活で!

 って言っていた人がいました・・・ぷぷ。

 私は絵画の中で、ピンクっぽいドレスを着たものがあり、それが・・・・本当に素敵な色合いで、デザインで・・・写真撮りたかったなあ・・・と思います。

 この展覧会とラデュレのマカロン、相性バッチリでした。

wakabaさんへ

 ここで例のもの、無くしたのね・・・暗くって、無くしたか?も分かりにくい場所ですね・・・・

 一応、入口の検査のところに、写真禁止!と書かれていました。
 (私はポケットに鍵を入れていて、ブーーーー!!と鳴り、警備員に注意されたけど)

 すごく気に入った大きな絵画があり、それ、ポストカードになっていなかったの・・・それがとっても残念です。

ポピーもキレイ♪

グランパレには一度も入った事がないので
今回行ってみようかな♪

ふふふ、日程が決まったのでメール入れました。
見てくださいねぇ。

ちょうど世界遺産でヴェルサイユとマリーアントワネット特集を
見たばかりでした♪
ドレスの生地から特注なのですから・・すごいですよね。
その生地見本の本が今でもあって、
今見てももちろん素晴らしく、かわいいものがたくさん。

マカロンはこの時でしたか!!素通りできないですよ~。
日本での映画公開中に
ラデュレのマカロンも一緒にやってきたみたいです。
英語っていうのが頂けなくて、見てないんですけれどね。

わ~!日本でもやってくれないかな。(もちろんラデュレも込みで)
どうしようもないといわれつつもなんだかんだ言って
フランスに料理やファッションの流行をもちこんだのは
彼女ですもんね。
キルスティン・ダンスト主演の映画も中身はないけど
大好きです。

わたしもこの前並んで久々のラデュレを堪能したんだけど
やっぱりバニラ?でもシトロン!でした(笑)

マリーアントワネットってやっぱり品のある顔をしていますね。
国費を戦争に費やした怒りの矛先を向けられた彼女は
やっぱり悲劇の王妃ですね~。

年配の方は朝市いえ、朝一が好きですよね。

マリーアントワネットとマカロン、
とっても似合いますねー♪
去年かな?マリーアントワネットの映画も
見ましたが、宮殿や衣装など、
とてもかわいかったです^^

なんでマリーアントワネットは
こんなに人気なんでしょうね~
女の子の憧れ?的なものを
ぜんぶ実現したからかなぁー
ドレスは毎日特注の違うドレス
だったらしいです^^♪

マリー専用のお屋敷が
ナチュラルでかわいいなぁー
と思いましたよ♪

くーっ、ブローチ失くした現場だわ(汗)
私達が行った時は、相方がせっせと写真取ってたら「撮影禁止~!」って監視員の人に怒られたよ~。だって知らなかったんだものねぇ。
それにしてもケチだよねぇ。写真取ったってへるもんじゃなし・・・。
あんまり素敵な家具や陶器だらけだったので写真が取れないのは辛かった・・・。
マカロンが美味しそう~♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。