telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜勤の帰宅時、イロイロ。

 パリで夜勤を始めて、すでに4年以上経過しつつあります。

 いつ寝るんですか?
  とか、
 日中寝られますか?
  と、言う質問が多いのですが、私の場合は、これは一切問題なく、どこでも、いつでも、疲れていれば、寝られる・・・という体であります。
  (飛行機の中でも充分熟睡できますし)画像 041


 昼と夜が逆転しているので、この点での問題は・・・・
 お友達の家に(夜・フェットとか)行けない。
 もちろん、BARなどにも行けない・・・というつまらない毎日ではあります。

 仕事では、夜、私の場所は私一人なので、仕事場を、便利に使うことができます。

 後は・・・帰宅の時が問題です。

 以前は、強盗に遭いましたし・・・。

 その後は、背後には気をつけて、帰宅してはいます。画像 040


 時には・・・・・・・

 自宅近くのバス停で下車したときに、同じく黒人の男の子が下車し、むむむ・・・気をつけないとな、と思った瞬間、その男の子が、
 10分だけ、時間を僕にくれないか?お話をしようよ♪
  と話しかけて来た時には驚きました。
  (もちろん、そんな会話を振り切り、帰宅・・・と、言うのか、このときは朝の5時ごろで、どこもカフェは開いておりませんヨ)

 バスの乗り換えの時、バス待ちをしていたら、アラブの人(若者)が、
 おおお!オレは中国人女性大好き♪
  と言い寄ってこられ、間近まで顔を寄せてきた際には、
 私は中国人じゃないヨ!
  と言ってみたものの、じゃあ、ヴェトナム人?えへへ・・・とにかくアジアの女性が僕は好きなのさ♪
 といわれた時には、隣のバス停まで、ダッシュをしていた私です。

 先日は、家の近くのバス停で降り、歩いていると目の前にパトカーがやってきて、私の後方すぐで停車し、何か話し声が聞こえました。
 振り返ると、私の後ろ、10メートルも無い場所で、自転車を乗って私の方向に向かってきていた若い男性。
  ・・・・もしも、警察が呼び止めなかった場合、私は、この自転車に乗った男性に、カバンを奪われていたカモしれない・・・・
  と思うと、大変恐怖を感じました。

 他、いろいろ。画像 042

  
  緊張して出勤し、退社(帰宅)しているのですが、この恐怖というのか、緊張感代としての夜勤手当は・・・少ないんじゃ?と思うこの頃です。

 

  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。