telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れよっ。

 日本で会ったのが、数年前。
 
         ワーホリでパリに行きますよ~
 

 と、言う言葉通りに、昨年の年末、個人的には仕事が強烈に忙しかった時期に、パリ入りしたんですね。

 あれから、ちょうど、半年が経過し、今回の帰国。

  パリを切り上げることは決まっているのだから、それが早いのか(半年)?ギリギリ(1年間)なのか?
 
 というコトだけだと思うし、私は又、普通の生活(お茶しよ~とか、料理つくりに来て♪と言える人が居なくなるダケで)に戻るまでですが、やはり、アパートへの訪問の道を歩いているときには、しみじみ・・・とした気持ちになりました。

  アパートの中の確認作業を終えて、

     じゃ、もういいですよ、帰ってください。

  と、言われても、それをすることをわかっていても、なんとなく、じーっとその場所に立ちすくんでいたのが印象的でした。

  アパートを出て、なんとなく忘れ物があるらしい、

  と、言ったときに、

     あ、もう家の鍵がポケットに入っていなんですね、その必要が無いんだ。

               と言った言葉。

 
  あの人は、言っていたけど、
   君の技術はなかなかだそうですよ。
  他に知り合いのワーホリで来ている料理人を知っているそうですが、
  君の方が、料理の仕方も綺麗だし、技術も上だと思う、といっていました。

   もちろん、自身は程ほどにあると思いますが、
  これから先、あの目標に向けて進んでください。
   きっちりとしているので、その目標もきっと達成できると思います。

   2人でそちらに伺えるのか?わかりませんが(笑)、
   日本に帰国した際には、そちらの方へ行く機会があれば、
   是非とも、又会って、精神的にも、肉体的にも(←それは無いかな?料理の世界は常にハードですからね)大きくなって、
   お会いしたいものです。
   画像 008


    月並みですが、元気で。
      又、時々メールをくださいね。
    (出来れば面倒な作業的なモノは避けてください^^;)

    あの人からの最後の一言は、
     あ~又一人、帰っちゃったな・・だったヨ。


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。