telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のマルシェ。

 いつも行く、お馴染みのマルシェへ。画像 256が・・・・・・・・・通常の時期のマルシェとは、雰囲気、お店の出店の人、又、通常通り仕事をしている人でも販売員が若干違ったり。

 全く別モノのマルシェになっていました。画像 257
 2ユーロ均一のアクセサリー屋さんや、靴屋さん、トルコ系のカバン・靴や雑貨など、いつもと違うお店が並び、これはこれで、面白いかな?とも。画像 259
 こんな、タピ屋さんは通常は、道路の隅(角?)でこじんまり・・・と営業しているのですが、画像 260今の時期は、堂々と!場所を幅をきかせて商売しているのですが・・・・売れるのかな?とも。

 野菜や果物、魚屋、肉屋(ロッティー)画像 271
など、若干営業をしているのですが、お客様>商売しているお店、という感じなので、あっという間に商品が無くなる・・・・・(販売している人は、ニコニコ♪という感じです)
 良く見ると、その辺を歩いている人の多くは、日曜日の13時まで営業のスーパーで買い物をしている人が多いかな?とも。

 今の時期に、パリに来られ、マルシェ散策をされた場合に、これが!パリのマルシェ?
 ではありませんので・・・・・・訪問される方は、ご注意です。

 通常は、新鮮な食べ物、お花などが販売されています。

 この時期、とっても賑わっているのは、中華街(13区)。画像 261新鮮な野菜や果物、健康ブームなのか?アジアの食材に興味のある人で店内はかなり賑わっております。
 実際・・・フルーツは、このお店で購入した方が美味しいです。
 (トロピカルなフルーツ系の購入が主で、マンゴーやリッチはかなり美味しいです)

 買い物する前に腹ごしらえ!と思って、今回は、バンブーに行こう♪と思ったのですが、物凄い待ち状態。画像 262買い物して帰ってきても、まだまだ並んでいました。

 と、言うことで・・・今回、バンブーに入ろう!と意気込んでいたのですが、いつも行く、フォーのお店で。画像 263フォー・スペシャルを。

 疲れた体(胃)に、するする・・・と入ってくる感じです。


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。