telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天気の良い日に。

画像 347思い立って、あの人の所に会いに行くことにしました。

 あー言うべきか?こー言うべきか?といろいろと頭の中で言いたいことを整理しながら、メトロに乗ることに。画像 348朝晩はかなり冷え込むパリなので、一気に紅葉も進んでいる感じがします。


 会いに行った先は・・・・・・・画像 349ギナールさんです。

 伺った日に、ギナールさんが仕事をしているのか?心配だったのですが、基本的に、定休日の月曜日以外は、仕事をしている様子です。

 私がお店に到着し、販売員に、ギナールさんとお話がしたい、と言いかけたそのときに、ギナールさんがお店の方に顔をだしたので、大きく手を振ったら、こちらを見て、入って来い!と。

 私がギナールさんの所に訪問する際には、私が何か問題を抱えている時が多いので、ギナールさんは、心配そうな顔をしながら、でも、笑顔で、私の訪問を受け入れてくれ、握手をすることに。

 で?何があったのか?元気か?という質問をされたときに・・・・

 用意していた言葉が一切出なくなり、ただ、ただ、涙だけが出てしまいました。

 ギナールさんは、優しく、その涙を手でぬぐってくれて、もう一度、どうしたのか?と聞かれた際に、
 
    
    日本へ帰ることを決めました。

  と、言うことができました。

ギナールさんは、社員、どの人に向かって話す際にも、必ず”vous”で話します。
 ヴァブレは、常に”tu”
 親しみを込めて、”tu”かもしれませんが、やはり、”vous”で話す方が・・・・・個人的には、良いかなと。

 日本に帰る理由を伝えると、納得してくれ、日本でも、もちろん!お菓子関係で働くんだよね?
  などなど。

 その傍ら、オーヴンの中に入れていたモノを良いタイミングで出す!という作業も忘れず。画像 350こちらは、パン生地に、ソーストマトやキノコがのっているものだそうです。
 写真の向こう側にあるのは、サンドイッチ用のバゲット。


 そしてこちらもパン生地に、ベシャメルソースなどをのせたもので、現在売れ筋商品で、ギナールさんのお勧めの品とか。画像 351色合いも綺麗だし、香りも良いよね~♪と。
 匂い、手で感じて、商品の良さを確かめる、現場主義のギナールさん。

 仕上げに、オリーブ油をかけていました。画像 352ベシャメル、トマト、ズッキーニ、などが入っているヴェジタリアンメニューだそうです。

 いろいろ話をし、最後は、ビズをして、お別れに。
 (基本的にギナールさんは、ビズはしません、通常の社員には、握手のみです)

 又帰国前に、伺います、と言葉を残し店を後にしました。
 訪問時は、お昼前なので、これから忙しくなる様子。(バゲットの焼きなどにはいりますので)

 お店は、途切れず、お客様が入っている様子で、やはり良いパンを提供しているお店は、お客様もそれを理解し、入るものだな・・・・と思って眺めていました。画像 353


  ギナールさんとの出会いは、私のパリ生活の中で、きっと一番の宝だと思います。
 MOISANである程度の収入がなければ、ここで生活は続けられませんでしたし。

 他、ギナールさんからは、”本当の職人”という姿を見せてもらいました。
 決して驕らず、常に謙虚な姿も自分はMOF職人なのに、素晴らしいな・・と。
 又家族をとても大切にする姿も印象的です。

 以前、私の両親がパリに来た際に、亀の形のパンを持ってきたのですが、その可愛さに喜んでいました。
 個人的には、日本のパンの味わいを感じて欲しかったので、早く食べてみてください、と言ったのですが、

 こんなに可愛いパンは、息子に見せてから、息子と一緒に味わうよ。
 
   と。


 私は、あなたと仕事が出来て、とってもとっても満足しています。画像 335

 その言葉が、脳裏に焼き付き、メトロの中でも、涙が止まりませんでした。






 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

« 久しぶりに仕事のコト。|Top|家ご飯などなど。 »

コメント

凌駕D1さん

 力強いエールのコメントをありがとうございました。

 私は、達人でもなく、超人でもなく、ごく、普通の人ですが、目的を持ち、それに向ってコツコツと一生懸命取り組めば、何か成果が得られる、ということは実践できたと思っています。
 が、こちらでの生活は、”私”の力だけではなく、本当に多くの、家族から始まり、現地の人(日本人から、フランス人まで)の人たちに助けられ、現在がある、と思っております。
 
 日本へ帰国することは、ここ数年から、考えていたことであり、
 それを実行に移すということは、フランスへ生活の拠点を移すのと同じぐらいの勇気などが必要であり、以前こちらに来た時よりも、約8年は歳を重ねているので、今後のことはかなり慎重に検討し、決断をした次第です。
 周りから聞こえる意見などもあったのですが、”自分の意思”を尊重し、ここでの生活よりも、また一段上に上って進めるように努力をしていきたいと思っております。

 ギナールさんから頂いた言葉は、私の心の中の勲章です。

Jimmy777さん

 早速、ブログを拝見させていただきました~♪
 ドイツに15年とは!
 以前、ベルリンに行った際に、ドイツ語は、一生勉強してもモノにはならんな・・・・
 と思ったので、尊敬のまなざしです。
 ドイツ人は日本人と気質が似ているので、生活はしやすいのでしょうか?

 私は、パリで永住をするつもりでやってきたのですが、
 これまた、今回の帰国は、いろいろと考えて・・・もあるのですが、
 ひょんなきっかけから、ということでもあります。
 
 海外生活では、生活する前からいろいろな方にお世話になり、
 現在の状況(ビザ所有関係まで)も物凄く多くの方にお世話になってきました。
 その後、私ができる範囲でお答えできる際には、それなりにしてきましたが、
 まだまだ・・・・と思っています。

 今後、ダニエルとミッシェルへの別れの言葉を告げるときが、
 一番辛くなりそうです。

smallcountryさん

 もっとうまい表現ができると思ったのですが、いざ、文章にする!となると、なかなか難しく・・・・。
 でも、書きながら、また、泣いてしまいました。

 本当にギナールさんとの出会いは、私の宝です。

tomokoさん

 こちらでの出会いは、私にとって、活力となり、良い影響を与えてくれる人ばかりでした。
 この場所、ブログで出会った方からも、本当にいつもエネルギーをもらっていたと思います。

 そんな出会いに感謝したいと思います。
 そして、出会った方には、そのときにできるだけのことをして来たつもりではいますが、まだまだ力不足の点もあり、反省です。

良い人に巡り逢えてよかったですね

こんにちは凌駕D1と申します.
しばらくブログを見れない状態にあったのですが・・・・こんな展開に成っているとは!
エミさん・・・自分が心から尊敬出来る人に巡り会えて本当に良かったですね.とても羨ましいです.それにしても「私は、あなたと仕事が出来て、とってもとっても満足しています。」なんて素敵な言葉でしょうか? 職人としてこれ以上の賛辞はなかなか無いと思います.

帰国に関しては,色々葛藤は有ったのでしょうが,自ら選んだ道には「正解」も「不正解」も無いと思います.世の中には「やる」と「やらない」の二つの選択肢しか無い・・・というのが私の持論です.
積極的にある事柄を選ばなくても・・・・それは「自ら積極的に選択する事を選ばない」事を選択したに過ぎないと思っています.それでも・・・好むと好まざるとに関わらず時間は過ぎていってしまいます.エミさんは自ら自分の行く道を選択したのですから・・・・自分の人生を,自分の納得できるものにきっと出来ますよ.

大切な人と別れなければならないのはおつらいでしょうが・・・・自分が心から尊敬出来る人と巡り会える事は人生の肥しですよ.フランスは地の果てではないのですから・・・またいつか会える日もきますよ!

パリでこんなにもしっかり活躍なさっているのですから・・・日本なんて本当にちょろいもんです!これからもブログとエミさんの活躍を期待しています.
文章を書く事が苦手で,読みにくい文章で申し訳有りませんが応援しています.

のんこさん

 コメントをありがとうございました。
 こちらでの生活は、日本の社会とは全く別で、本当に個人主義で驚くことばかりでした。
 逆に言えば、自分を自分がしっかりと守らないといけない、嫌なことはきちんと理屈を持って自己表示して言わないといけない、給料も勝手に上がるのではなく、自分で納得していない旨を伝えないといけない・・・など勉強になる(フランス語も)ことばかりでした。

 なかなか味わえない貴重な体験ができたと思いますし、今後、この経験、見たこと、感じたことを大切に、又大きな一歩を踏み出したいと思っています。

一度コメントしたものです.

エミさん,偉いです!

辛かったとはおもいますが,きちんとお世話になった方に,挨拶に行かれて.

海外生活は,現地人の方との交流がなければ成り立たないものです.
私も今までに,沢山の方に助けて頂きました.

私はひゃんなことから,ドイツに根を下ろしていますが,昔はパリに住んでいたこともあって,パリで永住したかった.

運命もあるけれど,最終的には自分の行く先は自分で見つけて行くもの.

エミさんが今,日本を選んだこと,絶対良い方向に向かって行くはずです.

パリで頑張れたんだから,日本はちょろい?!ですよ.

残り少ないパリ生活,悔いの残らないよう,重い存分,楽しんで下さい!!!

なんかね、私まで泣けてきたわ
良かったね。いろんなことが。


ギナールさんに出逢えたことは本当に宝ですね。これからも大切にして下さい。

嬉しいことも、辛いことも、寂しいことも、それら全てで今のえみさん、なんですね。
本当に素敵な方との出会いでしたね。
人との出会い、その先にあるもの、御縁の言葉では言い表せない、あなたの頑張りが引き寄せたものだと思います。
えみさん、最後まで頑張って下さいね!

お疲れ様でした。パリでお仕事をされるということは、私達には到底想像できないご苦労があったと思います。
しかし充実した日々でしたでしょう?
今までの日々は絶対に無駄にはなりません。あなたの人生の肥しですよ。
これからも頑張ってくださいね。

mariさん

 素敵なコメントをありがとうございました。

 現在の生活に至るまでには、自分の努力だけではなく、
 多くの方との出会い、私を見守ってくれている人
 (両親を含め)があってこそ、この生活ができたのだ、
 と感謝しています。

 今後も、もう少しパリ生活を綴っていくつもりですので、
 もう少しお付き合いください。

emiさん。お疲れ様でした。
と、いってもまだお仕事は続くのでしょうから
最後に疲れを出されないようにお気を付けください。

私はemiさんのBLOGにとっても満足しています。
そしてこれからも楽しみにしております!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。