telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランジュリー美術館

P1070707.jpg改装されてから初めて訪問してきました♪

 今まで、長蛇の列で、数回断念していたのですが、今回は、入れそうな予感がして行ってみると、20分待ちぐらいで入ることができました、帰国までに行きたかったので、良かったです★

 パリ好きで、観光に来られている方は、すでに行かれて、P1070708.jpg
 モネの睡蓮を楽しまれている方も多いかな?と思います。P1070709.jpg
 実際モネの家に行き、庭や家を見ているので、あ!あの風景が。。。。というのと同時に、この美術館に訪問したのは、10年以上振りぐらいだったので、懐かしさの方が大きかったり。P1070712.jpg日本を想わせる枝垂れ柳がなんとも!

P1070714.jpgゆっくり座って鑑賞でした。

 この美術館は、こじんまりとしていながらも素晴らしい絵の宝庫ですね~と今回思いました。
 個人的には、広い、ルーブルや、オルセーよりも好きかも?と思います。


 みると、すぐに分かる、ルノアール。P1070719.jpg

 ルノアールの花の絵ばかり撮ってきました。P1070721.jpg

P1070723.jpg
P1070722.jpg

 セザンヌP1070724.jpg

 モジリアーニP1070726.jpg

 マリーローランサンP1070727.jpg日本人は、この画家が好きな人が多いようですが、個人的には・・・あまり^^;

 ルソーマチス?だったっけP1070728.jpg

 他、ピカソの素晴らしい絵もありました。

 こちらは、ユトリロ。P1070729.jpgユトリロには若干思い入れがあります。^^
 
 こちらは、ポール・ギヨームの家の模型。P1070715.jpgミニなんですが、かなりしっかりとした造りでした。


 オランジュリー美術館。P1070731.jpg
 来てよかったし、やはりここが一番好きだな・・・・・と思いました♪

 まだ行かれていない方は是非。


  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

« 家ご飯。|Top|モロッコ料理。 »

コメント

通りすがりさん

 ご指摘ありがとうございました。
 なんだか、最近、一段とぼーっと過ごしているので。
 
 現在、とにかく、仕事を無事に終えないと。
 という気持ちが多く・・・・その後引越し作業で、てんやんやになると思い・・・
 あっという間に帰国の途になりそうです。

通りすがりさん

 どうしても食い意地が張ってしまい・・・・
 早速訂正しました。ありがとうございます。

reiko ohtaka

 私も卒業旅行に行った時以来だったので、実に懐かしく今回は拝見しました。
 
 ルノワール・・・・思いっきり間違えてしまいました。
 家の近くに、ルノートルがあるので。。。
 ルソーの件もありがとうございました。

petitpainさん

 最近のオランジュリーは少し並ぶ程度で入れますので、次回は是非行ってみてください。
 魅力的な絵が本当に多かったです。
 ユトリロは・・・
 モンマルトルの丘のサクレクール寺院の横の建物が、ユトリロの絵に出てくるような教会です。
 たしか、ユトリロにちなんだものだった記憶なんですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ルノアールだよね

ルノートルはいつも美味しいものを食べちゃうお店
画家はルノアールじゃないかと・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。