telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの両親の家へ。

ミッシェルから電話があり、久し振りに、家に来ない?
 ということで、訪問することに。

 当日待ち合わせをすると、ダニエルが迎に来てくれました。
 ダニエル曰く、私がご自宅訪問するのは、8か月ぶりだそう。^^;
 
 そんなにご無沙汰していたのか?と反省しつつ・・・
 もっと電話もして来てね、何か問題があったら、すぐに電話をするのよ。
 と、本当の母のようなミッシェル。

 ご自宅に到着すると、テーブルセッティングがされていました。^^P1070783.jpg訪問を歓迎されている様で実に嬉しいです♪♪

 今回のアペロは、ムスカデ、ダニエルは、ウイスキーだったかな?を飲んでいた様子。
 つまみは、ナッツ類で、しばらく座談会。

 その後、アペロが飲み終わった頃に、前菜の登場です。
 私の好きなエビがお皿いっぱい~♪P1070784.jpg

 マヨネーズはどこ?というダニエルの言葉に、ミッシェルは、あ!買い忘れたわ・・・と。
 でも、レモンや、有塩バターで代用でいいよ、とダニエル。それらで十分おいしくいただきました。
 ワインも、本来は白が良いそうですが、ロゼしか冷やしていない・・・とか。
 それでも十分おいしいロゼワインでしたヨ。
 この辺で、数点ミッシェルに落ち度があったのですが、ダニエルはそれを責めることなく、うまく代用し、美味しく食べられるように・・・・と。
 本当に良いカップルです。

 その後は、メイン料理に。フレッシュな野菜を使った煮込み、P1070785.jpgこれは息子さんのセバスチャンも大好きだそうで、今回多めに作っているそう。
 ダニエルも好物です☆
 メインは、アニョーのお肉をいただきました、塊肉に、ニンニクをあちらこちらに入れて、蓋付きの鍋でゆっくりと焼き煮にしたそう。
 肉を取り出し、食べやすく切るのは、ダニエルの仕事。
 うまく切り分け、お皿に数枚のせ、食卓へ。P1070786.jpg熱々の野菜の煮込みを添えていただきます。
 
 いつもながら家庭の味で、優しいママの味です。
 

 その後は、チーズの登場。P1070787.jpg

 ボーフォールやゴルゴンゾーラなど、MOISANのレーズンのパンと一緒にいただきましたが、相性バッチリでした。

 その後は、フルーツや、胡桃をいただきました。P1070788.jpg
 (このブドウがのっている皿は、以前私が日本に帰った際に、両親が、ミッシェルへ、と漆の皿を渡してくれたのですが、そのまま・・・私の自宅に置いてあり、今回引っ越しの作業をしていた時に見つけ、今回持参しました、とても喜んで、早速使用です)

 胡桃を割ると、中は白く、フレッシュな感じ、ダニエルは渋皮を剥いて食べていましたが・・・・細かい作業ですよね^^;
 ミッシェルの、私は皮ごと食べるわ♪という言葉に合わせて、私も皮ごといただきました。(面倒だった・・・訳では・・・)

 その後、ダニエルのPCの中に入っている日本の風景を見つつ・・・少し話をし、来年には日本へ行きたいなぁ~とお二人。
 
 そして、ダニエルは結構お酒を飲んでいるので、シエスタに入るために私も帰宅の途につきました。

 
 車で、最寄の駅まで送ってくれるのですが、姿見えなくなるまで、お互い手を振り別れる姿をみつつ・・・・最後まで用意していた言葉、日本にかえります、という言葉はどうしても言えませんでした。。。

 顔を見ての報告はできないので、後日電話をして・・・と思っています。


 応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

« ドミニック・サブロンの新しい店|Top|モンマルトルの丘の収穫祭 »

コメント

Jimmy777さん

こんにちは!コメントありがとうございます。
 フランスの両親には、先日は話し難かったのですが、次回、
 帰国のランプが点滅している際には、きちんと話をしてお別れをしようと思っています。

 この両親との出会いは、私の宝でもありますので。

 もうすぐで、帰国まで1ヶ月を切る状況で、いろいろと忙しくなりつつあります。

凌駕D1さん

 コメントありがとうございます♪
 引越し準備などが段々と本格的化し、忙しくなりつつある日々です。

 仕事は、11月1日までですので、その後、帰国前にもう一度、
 ダニエルとミッシェルのご自宅に伺い、直接帰国の件は話しするつもりではいます。
 涙涙になるのはわかっているのですが、永遠の別れではないですし、
 今後、1年に1度ぐらいはパリに遊びに(と、言うのか、両親の顔を見に)来たいと思っていますので。

 クルミは・・・薄皮を剥くのは・・・結構面倒で、薄皮付きのほろ苦い感じでも・・・と食べていたものの、
 実際丁寧に剥いて食べると甘いミルクっぽい味がして美味しいですね。

matchanさん

 日本でフランス産チーズが格安で食べられないのは、結構辛いかな?と思う最近です。

 両親への報告は、今度顔をみてするつもりですよ。

こんばんは、ご無沙汰してます!白バラのテンプ、素敵ですね。
でもあまり素敵すぎて哀しくなるのは、私だけでしょうか。

,,emiさんは、パリで沢山の素敵の方達との巡り会いがあった幸せな方ですね。パリのご両親には辛いとは思いますが、頑張って告白して下さい。

そして残りのパリ生活、思う存分エンジョイして下さいね!
日本に帰るとそう簡単にはパリに<里帰り>はできなくなると思うので。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

凌駕D1です
emiさん!がんばって!お二人には直接会って話して下さい!電話じゃだめですよ!

今回はせっかくのおもてなしなので・・・話づらい話は後日・・・という選択肢は正解かもしれません. 後で直接会って・・・・その際大泣きしても良いじゃないですか. お二人の「日本に行きたい」との話はemiさん帰国を何処かで耳にしてのことかもしれませんよ.
がんばれ!

それにしても・・・・美味しそうなフロマージュですね・・・・チーズ好きにはたまりません.ちなみに・・・クルミの薄皮は少々の苦みがプラスされるので結構好きです.落ちたてほやほやのクルミは皮が苦くないのですが・・・・それはそれでどっちも旨いです.
間抜けなコメント失礼しました.
凌駕D1

smallcountryさん

 今回、伝えるつもりで伺ったのですが・・・
 顔を見たら、会話をしたら、報告できなくなりました。^^;
 日を改めて、目を見て報告しに行こうと思っています。
 いやー辛いっす。

いいね~優しい両親がフランスにいて・・・
あのフロマージュ日本やったらいくらするかな?
5000円 6000円ぐらいするかな。

あと電話じゃだめですよ直接言わないと・・・
泣けばいいのですよ!もう家族なんですから・・・

え!この二人に言ってないの!?
電話ではなくちゃんと目をみて伝えなきゃ。
ハグしてビズして、体温をしっかり感じる別れ方をする方が
後あと、気持ちの立て直しが早いし、またすぐに会える気が
しますよ ^^

そうなのよね・・・・白い胡桃の薄皮をとるのは非常に
ちまちまとした作業なのよね~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。