telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国するに辺り・・・・。

 帰国を決めてから、でもあまり本帰国する!という実感のないまま日々が過ぎておりました。

 一番初めに、日本行きの片道チケットを購入したときに、いよいよ帰るのか?!と思ったかな?と。

 が、一番初めにやったことは、不動産屋への書留の手紙でした。
 家を出る3ヶ月前に、不動産屋宛てに退去の申し出をし、それが受理されたという手紙が来たときに、いよいよ準備開始!という感じがしたかな?と。
 日本人の不動産屋に家を借りた場合には、退去1ヶ月前に言えば良いらしいのですが、私は、ネットで家を探し、フランス人経営の不動産屋から借りたので、いろいろと面倒ではありましたが、良い物件でした。
 (借りる際などのフランス語、特別単語でかなり悩まされましたケド)

今回、色々と物事がうまく運んだか?と思われるのですが、一番の失敗かな?と思われるのは、銀行口座の件でした。

 MOISANからの最後の給料(と、言うのか、有給の支払いなんですが)が、チェック(小切手)で支払われ、それを銀行に入れたのですが、反映されるまでには10日間かかるそうです。
 (各自の銀行で作業などは違うと思うのですが)
 キャッシュディスペンサーでお金を引き出すことは出来るのですが、窓口で10日以内にお金を引き出すのは無理だとか。
 加え、口座を閉じる際には、自分の担当者とのランデブーが必要であり、それをあらかじめ取っておいて、PCの画面で作業をしてもらって・・・というコトがあります。
 私は運良く、帰国前にランデブーが取れたのですが、それでも、カードを使った最後の日から、1週間ぐらいは、猶予が必要であり、1週間後に正式に口座を閉めた、ということになるそうです。
 何事も時間のかかる国ですねぇ~と。
 まあ、とりあえず、私は口座を閉めることが出来たのですが、それでも担当者から、私の口座の引き落としになっている場所へ、電話をし、口座を閉めた、という件を伝えないといけない・・・・などいろいろな忠告があり、面倒だなぁ~と思いました。


 そんなこんなの銀行のやり取りを行うと、半日は潰れてしまいます。^^;
 
  まあ、無事に終わったなぁ~と少し散策をしました。
 サンジェルマン・デ・プレの方に行ったのですが、ミュロのお店の前では、ミュロさんが車を運転し、どこかに配達に行くようで・・・・よく働くパトロンですねぇ~

 私たちは、ダ・ローザへ。画像 752なんとなく入ってみました。

 スペインのグラスワインを注文と・・・・画像 753
 イベリコハムを注文です。画像 754こちら、タパスサイズの小さいものを注文したのですが、それでもかなりのボリュームでした。^^

 その後・・・・・レ・デュマゴまで移動し・・・・画像 755クロックムッシューを注文と・・・・・。
 私は、トースト~♪画像 756エシレのバターと共に実に美味しかったです☆

  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。