telle une parisienne

パリでのおいしい生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のフォアグラ~

 久し振りに、ヤマザキに行ってみました。P1080257.jpg翌日のご自宅へここのショートケーキにしようかな?と思っての下見でした。

 まるごとイチゴもあったりして。P1080258.jpg結構フランス人が入っていて、驚きでした。
 このついでに、a la mere de familleに立寄って、キャラメルを購入。
 と、言うのも、先日、試食でいただいたキャラメルがとても美味しかったので、お土産用に購入したのですが(甥が物凄く気にいってむしゃむしゃ食べていました・4歳なんですが、すでに美食家?)
 ついでにレジの横においてあった、マロングラッセを購入、イタリア産とフランス産のものがあり、イタリア産のものの方が中まで軟らかく甘さもかなり甘かったのですが、フランス産はマロンの香りも充分に残っていて、甘さも控えめでフランス産の方が好みでした。
 (でも、スーパーで買った崩れたマロングラッセセットでも結構美味しかったな~と


 その後、パッシーの付近をウロウロとして腹減らしをし、こちらのお店へ。P1080276.jpg最後のメインイベントとして選んだ店はこちらでした。

 店に入る前から、食べるものはほぼ決めていました。
 前回と同じ席に座りました。^^

 メニューは・・・見なくとも、大体、注文するものは決めていたのですが、斜め読みをして、注文し、とり合えず、出てきたパテ。P1080265.jpg脂の部分を取り除いて出して欲しいカモ・・・と思いつつ、少なめのカットで食べて行きました。

 こんな感じで、ピクルスをのせて。P1080266.jpgこのピクルス結構酸っぱいんですヨ。

 前菜は、フォアグラ~P1080268.jpg今回はフォアグラが出てくるまでに結構時間かかったのでは?と思いますが、毎度ながら、本当に美味しいフォアグラです。

 今回はリンゴのソテーと一緒でした。P1080269.jpg2人で注文しないと注文できませんので、追加料金は14ユーロです。

 メイン料理は、今回は魚にする!と決めておりました。
 ここは、ブルターニュ産の魚を取り扱っているので、本当に美味しいんですヨ。
 と、言うことで、私は、追加料金8ユーロで・・・スズキを。P1080272.jpgかなり身厚いスズキの登場で、セップのソテーが下にありました。
 うっすら生クリームで和えてあり、実に良い味付けでした。

 同行者は・・・タイ。P1080271.jpg前回食べた時よりも、随分と小さいのでは?と思ったのですが。。。こちらも美味しかったのですが、今回はスズキの方が美味しかったなぁ~と。

 デザートは、洋ナシのクランブルにキャラメルのアイスと。。。P1080273.jpgこれ、かなり美味しかったです。

 私は・・・恐怖のリ・オ・レを。^^P1080274.jpgこの量で出てくるので、毎回躊躇していたのですが、今回は最後なので、食べて置かないとな・・・と注文。
 美味しかったのですが、これだけ食べてからのデザートとしては、かなり辛いかな?と。。。。^^;

 今回、TVAが下がった、とのことで、ムニュの値段は30.5ユーロになっておりました。P1080275.jpg

 今度パリに来た時も、このレストランには必ず訪問したい!と思っています。

 
  応援クリックをお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

 一日一回クリックでポイントが入る仕組みです⇒人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

HOME

emi0811

Author:emi0811
2001年12月20日から始まったパティシエ生活。
 
 コルドン・ブルーパリ校卒業後、
 スタージュを重ね、労働ビザを取得し、
 パン屋で勤務。

2005年3月~MOISAN(BIOパン屋)
2009年11月1日まで勤務。

2009年11月21日パリを離れて帰国

 
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。